ブログトップ

カテゴリ:出席したセミナー報告( 12 )

2012年6月6日 出席したセミナーから報告



先週の木曜日、宣伝会議さん主催のセミナーに
行ってきました。
(宣伝会議インタネットフォーラム2012)
いくつかベンチマークしている企業さんがあるので、
それが登壇するときは、基本的には足を運ぶように
しています。


今回、ここに書くのは2社。
アメックスさんとユナイテッドアローズさん(以下UAさん)。


<アメックスさん>
・出身業界ですし、この業界からご依頼をいただくことも
多いので、なにかあるかと思って出ましたが、今回も空振り。
・まあ、もともと期待はしておりませんでしたが。
 http://www.otsuka-bs.co.jp/net-mc/2012/seminar.asp?sub=coment&act=B3
・登壇した岡安氏。ほとんど同時期に同じ業界に
入社しているのに、この日までまったく知りませんでした。


<UAさん>
・セレクトショップ業界で売上1000億円。経常利益100億円を
 達成した恐るべき会社です。会員制度もうまいと評判なので、
 最近、ベンチマークしております。
・データも出してくれますね(笑)
 特筆するところは以下です。
  ハウスカード会員142万名。
   ⇒ 獲得停滞期を脱し、大幅拡大中。
  その稼働率(1年以内に売上あり)45%。
   ⇒ まあまあです。
  全体の売上に占めるハウスカード保有率47%
   ⇒ これが意外に低いです。
     セレクトショップのような形態は、顔がわかるお客さんが
     売り上げの大半を占めていると思い込んでいたので。
   ⇒ 大手百貨店で60%~65%。
     これからまだ伸びるでしょう。
・ハウスカード保有者の方が売り上げ伸び率高い。
 (まあ、当たり前なのですが)
・リアル店舗とネット売上の両方のチャネルで買う会員は、
 全体の購入額がアップするとのデータがあり、
 ネット会員のリアル店舗の誘導はもちろん、
 リアル店舗会員にもネットの利用を奨めているそうです。
・リアルとネットの在庫が一元化されている仕組みが
 すごいですね。
 これはこの業界、なかなかできることではないですね。


ほかにも、いくつかでましたが、今回はUAさんが
一番、参考になること満載でした。

page2012の有料セミナー


2月10日(金)page2012の有料セミナーに
参加してきました。
オイシックスさんとセシールさんなので、
リテンション関連で参考になることでもあればなと。
単なる情報収集目的でした。


<オイシックス>
●同社の話を聞くのは2年振り。
●プレゼンターが営業関連の役員の方から
  広報の担当者に変更になっています。
●ちょっといやな予感が的中。
  2年前とプレゼン内容が90%程度同じ。
  しかも、最前線に立っている役員の方から
  広報の方になったので、臨場感に欠ける。
  これは致し方ないことか。
●DM大賞のことも自慢していたが、その内容は
  良く知られていること。
●データマイニングからの2回目購入⇒優良顧客への
  導線は、以前より洗練されているのだろう。
  そのあたりにはまったく触れなかったのは残念。


<セシール>
●ネットの現場責任者の方がプレゼン。
●ベルメゾンの中山さんなど
  いつも登壇されている方と違って、
  セシールのこの方は、私は初めて見る。
●ネットでの申し込み割合は順調に推移し、
  40%程度とのこと。
●同社も総合通販の共通した悩み、40代・50代の
  ボリュームゾーンだけでなく、20代から多くの
  新規顧客を取り込みたいとのこと。
●その一つのチャレンジとして、ファッション性が高く
  廉価な自社ブランドを立ち上げ。買取などのリスクも
  高いが、利益率も良い。この方向を模索しているとのこと。
●そのブランドがこれ。
  http://www.anita-arenberg.com/
  確かに良さそうに見えますね。
●この戦略は、大手TV通販会社も同様。
  各社、考えることは一緒ですね。
●発表している方の以下のフレーズが残りました。
  「1億・2億円の数字を作っても、総合通販会社では、
   全く評価されない。それとは桁が違う数字を
   作らなくてはならない」
  会社の売上高が千億円単位だと、
  確かにこうなんですよね。
  自分も事業会社時代のプレッシャーかけられ感を
  思い出しました。
みなさん、苦労されていますよね。

宣伝会議SPセミナー報告


少し前(5月20日)ですが、宣伝会議さんの
SP関連セミナーに出席してきました。


通常、SP的な仕事はしていないのですが、
そのセミナーのあるワクの講演者が、さとなおさん、
伊藤直樹さん、ケトルの嶋さんだったので、
つい参加してしまいました。
以下の各人の講演について、概要を書きます。


<伊藤直樹さん>
●最近は、cause(ここでは社会的な大儀・信条みたいな)を
  キーワードで活動している。
●社会的に役に立つ・社会の何らかのソリューションを作る、
  また、今までになかったことを作ることを意識している。
●具体的な例として、nikeのrun fwdをあげていました。
http://nikerunfwd.jp/index.html
  ネットとリアルで駅伝をする感じです。
  出発点のある人がたすきを持って走る
  (走った場所や距離がわかるように専用のiphoneアプリを
  利用しながら)、そして次の人(知人でも誰でも良い)に
  たすきを渡す。その人は決められた時間までに同じように走り、
  そうしてたすきをつないでいく。優勝したチームは135名、
  合計走行距離1135キロだったそうな。
●裏テーマは、ソーシャルrun。ソーシャルメディアを
  強制はしていないが、ソーシャルメディアを使って
  コミュニケーションさせているし、その様子を伝播させている。
●また、iphoneアプリの購入やnikeID(オンラインでオリジナルクツを
  注文する仕組み)に結び付けているので、販促にもきちんと
  つながっている。
●広告や販促・SPの境目のない、ごった煮感が良いでしょう、と。
  さすがですねえ。


<さとなおさん>
●SIPSのことが中心でした。
  http://www.dentsu.co.jp/sips/index.html
●ブログなどでいつもチェックしているので、驚きなどは
  なかったです。久しぶりに実物を見ました。でかっ。
●3つのポイントをあげていました。
   ・共感をともなう。
     共感なければ参加しない。
   ・人に言いたくなる。
   ・関与したくなる。応援したくなる。
     社会性を持つ。
     売る人の顔が見える。  


<ケトルの嶋さん>
●クリエーターの肩書きだけでなく編集者でもある嶋さんが、
  本屋大賞を仕掛けていたこと、初めて知りました。
●自分も全部読んでるもんなあ。大賞に選ばれた作品は
  すべて100万部突破しているそうです。



社会性を持ち、広告だか、PRだか、販促・SPだか
わからないけど、楽しそうだったり、人に言いたくなったり、
そして企業にとっては売上を確保しつつ、ブランディングも
できている・・・。こうしたことを提案・実行できるところだけ、
評価されていくのだと思います。

セミナー報告 リードのマーケティングEXPO


毎年恒例、リードのマーケティングEXPO、
そこの専門セミナーは、有料で、いつも良いものが
えられるので、毎年、いくつかには必ず参加しています。
今年も4つほど出てみました。


その中でも、今回、あえてこのブログでとりあげるのは
ZOZOTOWNのスタートトゥデイさんです。
今まで、セミナーで聞いたこともなかったですし、CRMで
成功しているとの噂も知らなかったので、これを一番の
楽しみにしていました。


知らないはずです。今年の4月からローンチされたばかりだそうな。
セミナーを聞いた感想を最初に書いてしまうと、
実にオーソドックスなCRM構築をしているということです。
その理由は以下を見てもらえれば、リテンション業界、
CRM業界の方でしたら、すぐにわかるはずです。


(1)データウエアハウス
●新日鉄ソリューションズさんがインプリ。
(2)BI
●マイクロストラテジーのツールをブレインパッドさんが詳細分析。
(3)マーケティングオートメーション
●ユニカキャンペーンを電通国際さんがインプリ、
 メール配信はエイケアさん、レコメンドはアルベルトさん。
 
 
オーソドックスな中にも自分としては特筆もんだなと感じたことを
以下に書きます。


まずは、イベントベースドマーケティング(以下EBM)を
織り交ぜていこうとしていること。
ものすごく懐かしいですね。当社も2005年ごろにSI屋さんと
組んで、金融機関などに盛んに仕掛けておりました。
あのときの結論として、日本では地方の金融機関しか、EBMは
なじまないのでは。
実際に代表的なイベント、結婚とか、家を建てたとか、
子供が生まれたとか、このようなときはお金が入用なので、
金融機関がサポート可能なのですが・・・。
他の業種となるとイベントと自社の商品とをリンクさせるのが
非常にむずかしいのかなと。
ZOZOさんもどのようなイベントを組み合わせていくのか、
次回以降確認したいものです。



CRMの呼び方をZOZOさんは、CFMと呼んでおり、部署名も
それを採用していること。
CFMのFは、Friendshipです。ですので、CFMとは
友達のような関係を構築し、継続することとなります。
企業理念が盛り込まれている、「らしい」ネーミングだと思いました。



あとは、どの企業さんも同じですが、さまざまなことをテストしながら
模索中であると感じました。
名前も売れている企業さんですし、新興企業でもあるので、
ぜひ、CRMの成功例になってもらいたいものです。

日本能率協会 マーケティング総合大会


長友の得点もよかったのですが、それよりも
名古屋の永井のスピードには、本当に驚きました。
正直、なんで注目されるのか、アジアカップを見ただけでは
よくわからなかったのですが、なじみの選手たち(横浜Mの中澤や
栗原)との比較で、そのすごさが良くわかりました。
楽しみですね。でも来年には海外だろうなあ。



さて、いつものセミナー報告です。
今回は日本能率協会のマーケティング総合大会。
ひさしぶりに参加してきました。
参加したのは、ネスレさんのVOC事例と
日産自動車さんのソーシャルメディア対応事例でした。
リテンションマーケティング関連の情報収集の一環です。
さすが、ちょっと高額な有料セミナーでしたので、
結果数字やノウハウが公開されていました。
さすがに資料は配布されませんでしたが、
当日の会場ではパワポにはっきりと映し出されていました。


以下、気がついたことをあげておきます。
<ネスレ>
●元々、VOCセンターのことはある程度知っておりました。
 事例としてあまりにも有名なので。
●その前提で、今回はじめて知ったことを書きます。
 ただ、この場限りにしてくださいとの情報については、
 それは記載しておりません。
●2年前にコンタクトセンター自体を神戸本社に移転。
●同時に、自社でグルインできる部屋などの体制を用意。
 グルイン参加許諾者が6千名以上。
 みなさん関西のうるさいおばちゃん。
 商品セグメントごとに区分けされている。
 これで得られる気づきも多いとのコト。
●ただ、正式なリサーチは、リサーチ会社さんに
 依頼しているそうです(当たり前ですが)
●昨年度VOCポータルをかなりの費用をかけて開発。
 最初は投資に失敗したかなと思うくらい活用できていなかったが、
 昨年後半から投資のもとはとれた感じになってきているそう。
●「県人こみゅ」というコミュニティサイトが別途あるが、
 ここでのデータもそのVOCポータルに取り込み済み。
 VOCセンターに入電された声はどうしてもネガティブが多いが、
 このサイトでは、普通の意見がとれるので、重宝している。

⇒このサイトの声の収集方法に「ソーシャルCRM」にひとつの
 ヒントがあると思いました。  



<日産自動車>
●こちらは、PR寄りの話でした。
 登壇された方もグローバルPR部署経験が長い方でした。
●東京モーターショーやジュークの発表、電気自動車リーフの
 一連のPR方法など、事例や結果数字が豊富でした。
●ただ、僕の業務とは直接関係ないので、ここに記載することも
 あまりないです。
●興味があったのはこの発言。
 今年から、マーケティング本部とPR本部が統合され、
 マーケティング本部長が全部を見ることになったそうです。
 これを置き換えると、戦略PR会社のブルーカレントが
 電通サトナオラボや電通コミュニケーションデザインセンターに
 吸収された感じですかね。
 日産さんのようなグローバルな会社はいち早く、
 今の時勢にあわせて対応したんでしょうね。

昨日は「ザッポス伝説」訳者によるセミナーでした



期末進行の案件が多くなってきました。
リーマンショック前の状況になってますね、完全に。
昨年までは、動きが悪かったので、既存先さんも
大幅な特典更新を控えたりしていて、期末進行案件が
少なかったのですが・・・。
個人消費の節約疲れと同じですかね。企業さんも
予算消化の関係もありますし、特典をいつまでも
改善しないのは・・・との声に動かされているようです。


さて、出席したセミナーの話。
ザッポスという米国のクツのコマース会社を知っていますか?
書籍がまあまあ売れているので、名前くらいはご存知の方も
多いのかと。今は、クツだけでなく、ファッション全般に
進出しています。昨年にはアマゾンに12億ドルで
買収されてしまいましたが。
昨日は、この本の日本で訳す権利(出版社さんが販売する権利)を
交渉して実現した本荘さんが講師のセミナーに行ってきました。


このザッポスという会社はカルチャー経営で有名となり、
熱狂的な顧客を資産として多く抱えています。
ひところのノードストリームやリッツカールトンのような
伝説的な逸話をイメージしてもらうとわかりやすいです。
そのようなリアルの感動話をEコマースで実現しているのです。


訳す前に実際にザッポスに取材しに行ったそうです。
本には書いていない話も聞けて、満足でした。


それにしても、おもてなしが得意な日本企業に
どうしてこのような会社が出てこないんですかねえ。


そういえば、アジャイルのソーシャルメディアサミット、
参加できませんでした。すごい盛況だったそうで・・。悔しいです。

直近のセミナー参加表明



昨夜のサッカーアジアカップ準決勝、
日韓戦は盛り上がりましたね。
さすがに韓国は強い。敗戦が決まった後、すぐに
パクチソンが日本選手に握手を求めるところは、
プレイだけでなく、海外でもまれている事が
垣間見れたのが印象に残っています。
それにしてもザックの采配はわかりやすい。
ちょっとクセのある・突っ込みたくなる監督が
続いていたので、なんか拍子抜けするくらい
優秀な監督ですなあ。
決勝の行われる29日(土)。数日前までの予定としては
オーストラリア人の友人たちとのパーティだったのですが、
当方の都合で予定変更に。予定変更してよかった。
ケンカになっているところでした。



さて、少し前にインプットのまとめのことを書いたら、
一部の人から、セミナーに参加する前に
知らせて欲しいとの要望がありました。
私が、どのようなセミナーに参加するのか、
事前にチェックして、なんなら参加したいとのこと。
隠しているわけではないので、今時点で予定が
組まれているセミナーを書きますね。
ただ、マーケティング関連・ビジネス関連のだけにします。
その他にも会員制のビジネスセミナーがいくつか
あるのですが、これはクローズドですので除いています。
その他、遊び的要素が入ったセミナーも記載していません。


●1月28日(金)19時~
  土井英司さんのビジネスセミナー
●2月 9日(水)13:30~
  宣伝会議さんのWEBマーケティングカンファレンス
●2月15日(火)13時~
  アジャイル徳力さんのソーシャルメディアサミット
●2月16日(水)19:30~
  オプンラボ「ザッポスの伝説」の訳者を囲んで
●3月19日(土)終日
  鶴野さんのACフォーラム


会場に見かけたら、声、かけてください。

オプンラボのセミナー報告



最近、ちらほらと顔を出している勉強会、オプンラボさんの
セミナーに参加してきました。
飲食付きなのがすごくいいんですよね。
その報告のブログはこちら。
http://www.opnlab.com/profiles/blogs/qi-ye-xing-guan-xi


キャノンマーケティングの増井さん、ヤマハの鞍掛さんと
その業界では大御所お二人の話。とても興味深かったです。
歓談の場でいろいろ内輪話も聞けましたし、ソーシャルCRMについても
ご意見などを聞くこともできました。
これこそ有意義な時間というのでしょう。
小林さん、ありがとうございました。


この勉強会、紹介制ではないので、興味がある方は、
お気軽にご参加ください。
断然、飲食付きの会をお奨めします。

レコメンド最前線


また、セミナー報告です(苦笑)



DM学会の部会に出てきました。
ちなみに、DM学会とは、ダイレクトマーケティング学会のことです。
ダイマケと言われ始めた時代から会員なんです。
http://www.dm-gakkai.jp/index.html


その研究部会の今回のテーマがこれ。
次世代Web研究部会オープン・フォーラム
【レコメンデーション最前線】
―顧客の行動に基づくパーソナルなアプローチ―
http://www.dm-gakkai.jp/kenkyubukai/web.html


Webではないですが、今でもレコメンドについては、
日々のコンサル業務の中でも出てきますので、
それの情報収集のためでした。


私がおもしろいと感じたこと(=今回の収穫)は以下です。
●レコメンドは基本「うざい」「うさんくさい」「商売っけがありすぎ」と
 認識されていること。
 ワントゥワンマーケティングのときにも出た課題ですが、
 あまりにやりすぎると気持ち悪がられ、マイナスの印象を
 与えるだけになってしまう。そのために相当気を遣う必要があるとの
 実務者ならではの話。 
●Webの世界を中心に、さまざまなレコメンドモデルが
 出てはテスト・実行されてきているが、結局のところ、
 2000年代前半にあった、データマイニングの世界に
 戻ってきているとの話。
●ただ、その当時と違うのは、データ量がほぼ無限なまでに
 拡大しているということ。例えば、GPS情報や
 ケータイの通話・メール情報、電子マネー情報など、
 当時にはなかったデータも交えてレコメンドモデルを
 試行しているところであるとの話。
●ネット上での自分(例えばアバターとか匿名とか)と
 リアルの自分がいることを考慮しないといけないと。 


やはり、実務家の方に話を聞いて、最新情報を更新しておくことは
良いことだと、実感したセミナーでした。

某交通系企業のEメールマーケティング


セミナー報告が続いてすみません。
当社クライアントさんの面白い話や成功話などを
書きたいのは山々なのですが・・・。



さて、今日のネタ。
メルマガにも書きましたが、ベンチャー企業が主催した
あるセミナーで、そのクライアントさんである某交通系企業の
Eメールマーケティングについて、話を聞く機会がありました。


大企業らしく、Eメールマーケティティングについても
全方位型で進めています。ここでいう全方位型というのは
全顧客一括メルマガもあれば、顧客がセグメントされたメールもあれば、
商品ごとのメルマガもあり、緊急的なディスカウントセールメールなど
ありとあらゆる種類のメルマガがあり、それを統合管理しながら
全社最適化・顧客ごとの最適化を調整しながら、推し進めていることを
指します。


部署間との利害調整やスケジュール管理、効果測定など、
そのご苦労は手に取るようにわかります。
そのあたりについては、上目線で恐縮ですが、
特に驚くような話の内容はなかったです。大企業さんにとっては
当たり前のことと言いますか、よくあるパターンに聞こえました。


メルマガにも書きましたが、最も印象に残っているのはこれです。
======================
●メルマガの発行数は多ければ多いほどよいという
 ものではなく、きちんとセグメントされた方々に
 適切な内容で送ることでROIが最適化されるという、
 それはそれは教科書通りのことです。
●メルマガのペーシングのうち上限は、週3回まで。
 これ以上になるとROIが下がるそうです。
======================


ここで、ちょっと気になったことを書きます。
現在の効果のところで、怖いくらい思い通りの結果が
出ていると登壇者からの発言がありました。
ネットでの交通系の予約は相当なスピードで
急成長していますので、世の中の流れの中での良好な
結果なのか、メルマガ統合やペーシングを守ることによる
良好な結果なのか、コントロールグループをとって
正確に判断できているのかが、怪しかったですね。
そこまでできていれば、完璧なのですが・・・。
多分、やっていると思います。