人気ブログランキング |

ブログトップ

ニュース記事 「セレブな街に仲介店舗次々」



梅雨入りしたのに東京は晴れですね。
さて、富裕層のキーワードがあるニュース。
第一弾はこれです。

セレブな街に仲介店舗次々
http://www.sankei.co.jp/keizai/sangyo/070612/sng070612003.htm


*******引用開始*******
不動産販売会社が富裕層をターゲットに、
高額中古マンションの仲介業に力を入れている。
東京都心の銀座、六本木などといった富裕層が好む“セレブ”な街に、
売買価格が1億円を超える高額物件を中心に
取り扱う仲介店舗を相次ぎ開設。
マンション人気を追い風に、「団塊の世代」や
起業家ら新たな富裕層の取り込みを図る考えだ。
*******引用終了*******


三井不動産販売、住友不動産販売、東急リバブルと
この3社はもともと多くのサロンを持ってますよね。
三菱地所リアルエステートサービスは丸ビルに今夏オープンだそうです。


ここでもっとも気になる記述はこれです。
*******引用開始*******
三井不動産販売では6月、これまで高額物件を
仲介した顧客らでつくる会員組織「Class-R」を立ち上げ、
囲い込みを始めた。
仲介事業を顧客獲得の“入り口”とみる各社の
囲い込み競争は激化しそうだ。
*******引用終了*******


これで会員組織立上げがますます増えますね。
大手だけでなく中堅にも同様の動きが出てくると思います。
詳細は明らかになっておりませんが、
本業である不動産購入はそんなに頻度が高いものではないので
それ以外のときにどんなリレーション・ロイヤルティを築くのかが
各社の腕の見せ所ですし、勝敗の分けれ目ですね。