ブログトップ

不動産ネタ 鎌倉の物件です



鎌倉物件の話をいただきました。
東京の五山については以前書いたことあります。
鎌倉にもあったとは知りませんでした。
といっても東京のそれのように山ではなく、
建長、円覚、寿福、浄智、浄妙寺の五カ寺のこと。
いずれも栄西禅師が開いた禅の教え、臨済宗の寺。
五山の制度とは各寺の格を定めるものとあります。


さて、鎌倉という物件をどのように知らしめ、
見込客を獲得するのか?
今回は不動産の地域対策について書きます。
購入者の地域を調べると、おおよそ40%が
地元の方の転居と言われていますので、
地域対策は重要なんですよ。


(1)ご存知郵政公社タウンメール
 ●指定の地域(丁目)区分可能。
 ●宛名記載無しの状態で発送。
 ●みなさんもアフラックや進研ゼミのそれを
   もらったことあるかと。
 ●地方の方が郵便局に対するロイヤリティが
   あるので、効果的です。
 ●新聞は取ってない人にもアプローチできるのも
   メリットのひとつ。


(2)まだまだ健在、日経の新たな試み
 ●NIKKEI MAGAZINEを発行したり、
   「日経便」といって、高額所得地域への配布など
   いろいろやっております。


(3)地元の優良テニスクラブ・スクール
 ●テニスクラブにもレベルがありますけど、
   良いレベルのところとタイアップすると、
   地域の奥様に確実にアプローチできます。
 ●詳細は内緒にしておきます。


(4)地元のゴルフ練習場
 ●こちらは地元アプローチの男性版。
 ●もちろん、レベルがいろいろありますけどね。


(5)地元有力ディーラー
 ●トヨタさんや日産さんなど、地元の有力者と
   お取引も多い。
 ●ディーラーさんのフェア来場者と
   物件モデルルームの来場者とをバーターする方式。
 ●物件モデルルームにクルマが展示してあり・・・、
   という経験をされた方もいるのでは。
 ●クルマのレベルと物件のレベルをあわせたり、
   件数をあわせたり、面倒なことも多いですが、
   確実にアプローチは広がる手法。


まだまだありますが、ローカルっぽくて
これらは気に入っている施策なんです。


今週もいいですね。
f0108003_15583363.jpg

[PR]