ブログトップ

富裕層としての議員さん関連


議員さんやその秘書の方々。その近辺にいる後援者。
永らく、手を出してはいけない!と教えられてきました。


今回、ある不動産プロジェクトでここを攻める案が浮上。
いろいろ調べてみました。
実際に実施する、しないは別の話として聞いてください。


(1)議員さんの自宅および議員さんの事務所
 ●公開されていました(なんていう書物かはいいませんが)
 ●事務所住所や電話番号、秘書名ぐらいはいいとして、
   自宅住所も公開。議員さんにはプライバシーはないんでしょうか。
 ●主な利用方法としては、陳情みたいです。
   書物も部会ごとのもありますし。


(2)政治関連事務所
 ●ポスティングというベタベタの手法がありますが、
   最近では、政治関連だけをピンポイントとした
   ポスティングもあるそうな。
 ●どうやっていわゆる総会屋さんや企業舎弟を
   排除するんでしょうかねえ。。不思議です。


(3)献金団体
 ●これは選管に届出義務があり、総務省で公開されてます。
 ●献金を受け取る団体(たいがいが資産管理会社)が
   約5000。そこに献金する団体といったら何万あるのやら。
 ●ここに記載されているのは、決して違法ではないのですが、
   探していると、なんか悪いことをしているような??


(4)パーティ
 ●いわゆる資金集めのパーティ。
 ●小泉さんの影響や派閥の力学が働かなくなったので
   以前よりも少なくなったとはいえ、与野党とも活発ですよ。
 ●でも、ここで商業的なことをするのは難しいですね。


さて、何を実施するのか?
本当に成果があがるのか?
富裕層として定義していいのか?


楽しみにしてはいけないのですが、
大いに関心があります。
[PR]