ブログトップ

富裕層マーケに関する知識の付け方8



富裕層マーケの人的ネットワークの作り方、
最後のキーポイントです。


当社が本音を聞きだしたり、関係を構築するために
以下を実行しています。


前話で出てきたところとすぐに関係が
構築できるものではありません。
日ごろの努力・根回しが欠かせません。


(1)きっかけ作り
 ●どのような遠い知り合いでも、
  飛び込みよりはマシなので、活用すべき。
 ●話のネタ・きっかけは他人のふんどしを借りてでも、
  華があり・時事ネタが良い。
  ⇒ 当社の例で言えば、昨年開業したL、
     今だと六本木M開発をネタにネットワーク開拓している。
 ●先方にだけメリットを出すことをこころがける。
  「Give-Take」ではなく「Give-Give」で。


(2)継続
 ●先方が興味を示したネタ・勘所・他社の動きなど、
  最新の情報を得たら、おせっかいと思っても
  Eメールなどで情報提供してあげる。
 ●訪問時にきっかけとなったネタに
  進捗があった場合も同様に報告する。
  ⇒ レスポンスを期待しないこと。
     あくまでも善意で「Give-Give」
  ⇒ 当社の例でいくと、LのタイアップDM、
     ホテル業界ではTさんと実施。
     その実施概要を持って、他のホテルも訪問。


(3)何か起こったときに・・
 ●ここまで関係ができていると、動きが入ってきます。
  ⇒ ライバルの○○がこんな動きをしている・・など。
 ●また、おのずと知り合いの知り合いは知っているとなり、
  ○○業界のマーケ担当からは認知される、
  という状態に自然となる


さらに実際に仕事をして、成果を出し、
関係は強化されていくのでした・・・。


残りは、③実践から得る知識、ですが、
これは日常のところでしこしこ書いていきますよ。
このシリーズ完結です。
[PR]

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧