ブログトップ

CPA、CPR・・・


LTV(顧客生涯価値)が出たので、今日は
CPAについて記述します。


ネット広告の世界ではCPAと言えばCost Per Action。
会計の世界では米国公認会計士(Certified Public Accountant)
マーケティングの顧客獲得の世界ではCost Per Acquisitionです。
(ちなみに医療の世界では心肺停止のことだそうです。
 高級医療組織のCPAは?お医者さんに聞いたら
 ものすごく怪訝な顔されました)


顧客を新規に1名獲得するためにかかるコストのことです。
業界でだいたいの目安が出てますよね。
富裕層ビジネスの世界とは少し違いますが、
知っているところ、いくつかあげました。
■消費者金融
  40,000円程度
■携帯電話
  30,000円~40,000円
■衛星放送
  25,000円~26,000円
■ブロードバンド
  37,000円


そういえば、富裕層ビジネスの世界では、
CPAの基準ってきかないですねえ。
そのものズバリ、ではないですが、一般顧客から
優良顧客にスイッチさせるコストは
いくつか知っています。
●カード会社 ゴールドからブラックカードへ
●百貨店   一般からお帳場顧客へ


どちらも5万円程度です。
あくまでも直接的なコストだけですが、
思ったよりも安いんですよ。


でも、優良顧客にアップしてもらうだけの
ブランディングやサービス開発、設備・IT、
おもてなし接客・人材などに常日頃から
投資しているからですよね。
これらのコストを入れたらCPAは恐ろしい額に・・。
まあ、カンタンに富裕層獲得できないということですかね。


最後に、タイトルにあったもうひとつ。
CPRは、Cost Per Responseです。
顧客にはなっていませんが見込客として
レスポンスをもらうためにかかる1名あたりのコストのこと。
当然CPAより低いです。
[PR]