ブログトップ

KTMメルマガ Vol 17 100315

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Vol.17━ 2010/3/15━
COMMUNICATION
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
▼本メールは、当社社員と名刺交換等をさせていただいた方々、資料請求を
いただいた方にお届けしています。配信の停止・変更をご希望の方は、下記
URLよりお手続きお願いいたします。
http://fofa.jp/ktmktg/c.p?02c2aQa38b
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

---INDEX---
【1】 ご挨拶
【2】 mARKETING  - マーケティングです。-
【3】 Book Room - 読書ノススメ -


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【1】ご挨拶
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【2】 mARKETING  - マーケティングです。-
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
mARKETINGとは、当社社名にもございます”Marketing=マーケティング”のこと
です。(スペルミスではございません。)
mARKETINGでは、最新のマーケティング手法や成功事例、マーケティングに
関する情報、支障のない範囲で当社のマーケティング活動をご案内いたします。



◆シネマコンプレックスのクラブマーケティング

先週は、アカデミー賞で盛り上がっていたので、映画関係の
クラブマーケティングに着目してみました。
今や映画館の90%以上を占めるシネコンの会員組織化、
クラブサービスなど、さまざまな特典がありますね。
シネコン上位2社(ワーナーとTOHO)をチェックしてみます。


ワーナーマイカルシネマズ

全国に500近いスクリーンを持っています。
ここの会員組織は、ポイントカードをベースにした組織と、
モバイル会員をベースにした組織とがあります。
それに、E予約会員が別に存在しているという、
こういう会員組織にありがちな、統合されていない悪いパターンです。
皆さまもこれは真似しないようにというか、こうなっていたら
ぜひ、早期に改善してください。
数あるここのサービスのうち、一番のメリットは、
ポイントカードで、5回観ると1回タダ、これですね。
あとは特筆するものはありません。



TOHOシネマズ

こちらも全国に500近いスクリーンを持っています。
この2社が抜け出している感じです。
さて、会員組織ですが、こちらの方は、映画館の会員組織として
ほぼ完璧な内容になっています。
シネマイレージという名称です。
スタンプラリーあり、映画上映期間に応じたマイレージ
(=ポイント)換算あり、自身の上映記録を保持できる機能あり、
クレジットカード機能もつけられると、サービスが揃っています。
E予約やモバイル予約が会員組織に連動せず、
単なる機能として整理されているのも良い対応と評価できます。




〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【3】Book Room - 読書ノススメ -
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
日々のアウトプットを補うために、日々のインプットを行いましょう。
Book Roomは、オススメの本をご紹介する”書庫”でございます。



◆ビジネスモデルを見える化する ピクト図解(板橋 悟著)

ビジネスモデルは、今のような激動の時代、定期的に
見直したりしなくてはいけない。好調のときには、
慢心がないか、さらに一気に攻めるときなのか、見極めたりと
しなくてはいけない。そのことはわかっているのですが、
なかなかビジネスモデルに関しての良書がないなと思っていたのですが。
ありました。今回紹介するこの本が、まさにドンぴしゃりでした。
著者は、リクルート出身でそのときに整理した手法。
本の題名ですが、よく目にする緑の非常口の絵や、
トイレの絵のことをピクトグラムと言い、そこから取っています。
ビジネスモデルとして意味したいことを、このピクトを使って
見える化しております。
本書では、ピクト図を書く際の「型」として、8つのビジネスモデルが
挙げられています。どれも納得できるものです。まずは、この基本を
覚えることからはじめるべきです。そして、自分に関連することを
見える化していき、多くの経験を積むと会得できそうです。



◆大人げない大人になれ!  (成毛 眞著)

辞書で調べてみると、
【大人げない】:[形]大人としての思慮分別がない。大人らしくない

と、どちらかというとネガティブな言葉ですが、本書ではそのままの
意味ではなく、「大人として」何かに没頭したり、やりたいことをやり通したり
することにより、創造性にも富び、平均から抜け出せる、そして何より楽しい
とあります。今の時代そういう「大人げなさ」が必要なのでは。
よく言われる言葉ですが、あとがきに「人生1回きり。楽しむが勝ち・・・」
とあります。(さらに成毛氏の場合、「仕事も遊びもナメでなんぼ・・・」と続きま
す。)
もちろん最低限の守るべきルールはあるでしょうか、それを達成するには、
本書に書かれているような「大人げなさ」が必要なのではと思います。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
COMMUNICATIONは、KTマーケティング株式会社(以下当社)が発行するメール
マガジンです。COMMUNICATIONの著作権は当社に属し、当社の許可なく複製・
再配信等を行うことはできません。

Copyright(c) 2010 KT Marketing Co.,Ltd. All Rights Reserved.
http://fofa.jp/ktmktg/c.p?32c2aQa38b
communication@ktmktg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]