ブログトップ

KTMメルマガ Vol 06 090817

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Vol.6━ 2009/08/17━
COMMUNICATION
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
▼本メールは、当社社員と名刺交換等をさせていただいた方々、資料請求を
いただいた方にお届けしています。配信の停止・変更をご希望の方は、下記
URLよりお手続きお願いいたします。
https://fofa.jp/ktmktg/b.p/104/ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

---INDEX---
【1】 ご挨拶
【2】 mARKETING  - マーケティングです。-
【3】 Book Room - 読書ノススメ -
【4】 TOPICS - 話の種 -


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【1】ご挨拶
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【2】 mARKETING  - マーケティングです。-
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
mARKETINGとは、当社社名にもございます”Marketing=マーケティング”のこと
です。(スペルミスではございません。)
mARKETINGでは、最新のマーケティング手法や成功事例、マーケティングに
関する情報、支障のない範囲で当社のマーケティング活動をご案内いたします。


◆阿修羅ファンクラブ  http://www.ashura-fanclub.jp/

日経トレンディではブームのメカニズムが
掲載されていたので、ご存知の方も多いと思います。
今、最も旬なファンクラブではないでしょうか?
そう、クラブとつくのでクラブマーケティングなんです。
仏像がかっこいいとかニューハーフだとか、タレントなどを
使ってブームを作り、美術館への増員につなげています。
フィギュアも売れているみたいです。
ただ、クラブマーケティングを提唱している当社としては、
ここから先がこの手法の真骨頂だと思います。
このフェーズで終わらせてしまっては
ただ単にブームを作っただけですから。獲得したファンや
見に行った方々をフォローし、ますますファン化する。
毎年、興福寺に見に行く人を数万人作り・・・というのが
本来のクラブマーケティングだと考えます。
そこまでやってほしいですね。やっているのかな・・。



◆カブロボファンド   http://www.monex.co.jp/kaburobo/

マネックス証券が取り扱う新商品「カブロボファンド(愛称)」の運用が
先月末から始まったそうです。この投資信託、複数のコンピュータプログラム
(=ロボット)が、自動的に株の売買をしていくというもの。
コンピュータの情報処理能力が大量のマーケットデータをタイムリーかつ
正確にとらえることで機動的な運用ができるとともに、人間が行うには
心理的に難しい投資判断であっても、感情を挟み込むことなく
機械的に判断がなされることで投資機会が失われないというのです。
うーん、おもしろい。投資のマーケットも、僕らが関わっている
マーケティングというのも、多分に人間の心理が関係しているものだと
思いますが、それを排除するというアプローチで今後どのような結果が
得られていくのか。ちょっと注目してみたいと思います。
(注:この金融商品をお勧めしようとするものではありません。
 投資は自己責任です。ご自身でご判断ください。)



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【3】Book Room - 読書ノススメ -
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
日々のアウトプットを補うために、日々のインプットを行いましょう。
Book Roomは、オススメの本をご紹介する”書庫”でございます。



◆「売れる会社のすごい仕組み」 (佐藤 義典著)

売れたま!のメルマガで有名な佐藤さんがまた新刊を出しました。
ドリルを売るには穴を売れの続編です。今回は売多真子ちゃんが
イタリア料理店の社長となり大活躍するお話。佐藤さんが
提唱しているマーケティングフレーム、「戦略BASiCS」
「売上5原則」「マインドフロー」「差別化軸」などが理論だけでなく、
物語の中に実例として表されます。マーケティングに役立つのは
もちろん、物語としても楽しく読め、最後は思わず感動してしまいます。
5ForcesもSWOT分析もこのフレームには勝てないと思います。
弊社代表の土屋と著者の佐藤さんが懇意にしているので、
最後の謝辞に土屋の名前も登場します。それも見てください。



◆「価格、品質、広告で勝負していたら、お金がいくらあっても足りませんよ」
 (川上 徹也)
長いタイトルですが、本書で言いたいことをまとめた一文だと思います。
長引く不景気の中、しっかりと売れ続けている商品、成長している会社があり、
それらには、価格・品質・広告以外に「ストーリー(物語性)」という要素が存在して
ます。本書は、会社やお店にあるストーリーの持つ力を使ってブランド化していく
ストーリーブランディングという手法が説明されてます。そして、このストーリー
ブランディングのよいところは、お金がかからないことです。
(お金ではなく知恵をかける)
 
印象に残ったフレーズは、
『「すごく売れる」より「売れ続ける」ことが重要。』
(そのためにはストーリーが必要と書かれてます。)
 
※本書で紹介されてました「ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する/
  島田紳介著」も読みましたが、こちらも良書でした。




〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【4】TOPICS - 話の種 -
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
TOPICSでは、
ご自身でのご利用はもちろんですが、例えば、「キャンペーン商品どうしよう?」
「新しいサービスの企画に何かいいものないかな」といった日常業務の中でも
ご活用 いただけるような話題のお店、商品などをご紹介してきいきます。



◆Alone in Iz World/Israel Kamakawiwo'ole (CD・ハワイアン)
 http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=54686
ハワイ出身のイズラエル・カマカヴィウォオレ(通称イズ)のベスト的なアルバムです。
ハワイのCDショップでジャケット写真を見て、この写真でハワイアン?と不思議に思い
買ったのを覚えてます。2001年だったと思いますが、実はその頃にはすでに彼は
亡くなっていました。(だいぶ後になって知りました) 毎年この季節になると、車や
家で食事しながら聞いたりしてますが、イズの歌声とウクレレにハワイを感じ、
癒されます。まだまだ暑い日が続くと思いますが、このCDで内面からリフレッシュ
されてはいかがでしょうか。



◆シャープのLED電球   http://www.sharp.co.jp/led_lighting/consumer/
発売が延期されていたシャープの家庭向けLED(発光ダイオード)電球の
一部の機種が今月1日ようやく店頭に並んだのですが、翌2日に
渋谷のヤマダ電機LAVIではもう品切れ状態でした。
従来の他社商品より大幅に安い4,000円程度という価格設定が消費者の需要を
喚起したようで、ライバルの東芝ライテックもこれに対抗してきています。
LED電球は従来の白熱電球よりも長寿命で、消費電力も少ないうえに、
電球型の蛍光灯と比べてもこまめに点けたり消したりする場所での使用に
強いなど、いろいろと特長があるので、僕も自宅でちょっと前に切れた電球を
そのまま交換しないで発売を待っていたのですが。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
COMMUNICATIONは、KTマーケティング株式会社(以下当社)が発行するメール
マガジンです。COMMUNICATIONの著作権は当社に属し、当社の許可なく複製・
再配信等を行うことはできません。

Copyright(c) 2009 KT Marketing Co.,Ltd. All Rights Reserved.
http://www.ktmktg.co.jp/
communication@ktmktg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧