人気ブログランキング |

ブログトップ

書籍の電子化



間隔があいてすみません。
さすがに年度末なもので・・・。
今月中に納品とか、今月中に請求書を
届けてくれとか、ですね。
ありがたいことです。



さて、今日はマーケティングネタというわけではないのですが、
書籍の電子化について、コメントします。


なんでこれを取り上げたかというと、3月25日から
期間限定で、あの「Hot-Dog Press」が、
WEB版で復活したとのニュースがあったからです。
OYAJI Hot-Dog Pressと、当時のメイン読者向けなので、
おやじになってますけどね(当たり前)
http://special.infoseek.co.jp/entertainment/hotdogpress/
懐かしいかおりがあ・・・。当時の編集スタッフ、だそうです。
学生時代のクルマの後部座席には、この本の
ノウハウ本とか積んでたなあ。今の時代、ありえないけど。


4月末にはipadが日本でも発売されますし、
これをきっかけに、書籍の電子化は一気に
加速するでしょうね。
自分は、活字大好き・活字中毒気味ですが、
ipadを購入したら、そちらにシフトしようと
考えています。
ビジネス本を中心にいつも、数冊持ち歩いていますが、
重いですし、持っていない本を読みたくなったりしますし。


既存の出版社や本屋さんなどは収斂していくでしょう。
というか、百貨店と同じく、その構造自体が
これからとあわなくなっていくのです。
本屋や百貨店のリアルさを否定しているわけではないです。
その部分はずっと続くと思います。
また、出版社の本を生み出す文化や作者を育てる編集者などが
無くなるとは思っていません。
でも、販売のところというか、顧客との接点は
大きく変化していくでしょうね。


うちのオフィスの本棚がそうですが、
本棚に本が溢れかえっている、ジャンルごとに
整理されている壮観な眺めを見るのは
好きなので、そこがなくなるのは残念だなあ。
そのために、気に入った本は現物を引き続き
購入するかもしれないですね(本当か)


最初はCDも同じように思っていたけど、
いつも間にかダウンロードが中心に
なってしまったしなあ。