ブログトップ

暑中お見舞い申しあげます


涼しい期間があり、今年の夏はしのぎやすいですね。
こんなハガキを作っています。
まもなく暑中見舞い期間は終了しますが。

f0108003_2072514.png

[PR]
# by ktmktg | 2011-08-04 20:10

ソーシャルCRMのこと



このことの現状を書き始めようかと準備はじめました。
以下が、暫定的な目次です。
おそらく書き始めると若干構成が変わると思いますが。

ただ、今回、本にすることはちょっと躊躇があります。
その理由は以下の2点です。
① ソーシャルメディアネタなので、動きが早すぎて、
本を出すころには陳腐化していないかという不安。
② 過去に出した本、富裕層マーケティングと
守備マーケティングについては
実績として、それぞれ30社~50社程度の実績があり、
その普遍的な法則を本としましたが、このソーシャルCRMは
まだ一桁の実績しかないこと。

この原稿、夏の宿題に決めました。
出版が正式に決まりましたら、ここでもお知らせします。


1ソーシャルCRMとはなにか?
◆ソーシャルCRMとソーシャルメディアマーケティングの関係
◆米国で最も期待されているのは、このソーシャルCRM
◆形式というか、前提が大きくわけてふたつある
◆ソーシャルCRMの定義
◆ソーシャルCRMと今までのCRMとの目的に違いはあるのか?
◆ソーシャルCRMとソーシャルメディアマーケティングの目的は共通
◆ソーシャルCRMに必須のツールとは?
◆ソーシャルCRMと守備マーケティングの関係性
◆ソーシャルCRMと富裕層マーケティングの関係性
◆ソーシャルCRMは、こんなことで困っている人に最適です。
◆ソーシャルCRMに向く規模
◆ソーシャルCRMに向く業種、向かない業種
◆ソーシャルCRM、BtoBに向くのか?
2ソーシャルCRMとマーケティング3.0
◆CRMをどう変化させるとソーシャルCRMになるのか?
◆コミュニケーションデザインやSHIPSとの関係は?
◆ソーシャルCRMはマーケティング3.0なのか?
3ソーシャルCRM導入のアドバンテージ
4ソーシャルCRM導入フローとその詳細 中小企業編
5ソーシャルCRM導入フローとその詳細 大企業編
6ソーシャルCRMの評価基準
◆ソーシャルCRMの効果測定の考え方
◆効果は既存CRMと同様数値化されるのか?
◆効果測定と改善サイクル
7ソーシャルCRM実行の心構えと社内説得
◆ソーシャルCRMは流行の最先端ではない?
◆キーワードは、「アドボカシー」「サステナブル」
◆今までより面倒で覚悟がいることも事実
◆導入に向けた具体的な社内説得方法
[PR]

すいません、また滞っちゃいました。。。


大型案件、継続案件、新規提案がありまして・・・と
言い訳から入ってすみません。
徹夜してまで対応している状況ではないのですが。

先週、恒例の伊勢神宮へお礼参りしてきまして、
こころを入れ替えるつもりです。
引き続き、よろしくお願いします。
[PR]

今年前半もありがとうございました。


もう今年も半分経過ですね。
今年は震災があったので、長いのか
短いのか、良くわからないまま、後半に入った、
そんな不思議な感覚です。

みなさんは、年初に立てた目標の半分は
順調にクリアできているのでしょうか?


さて、今年前半(1月~6月)を数字で振り返ってみます。
戦略指標にしている新規の提案数、
目標24社に対し、実際に提案できたのが31社でした。
震災の影響もあってこの数字なので、十分に合格レベルです。
そのうち10社に対し、請求が発生したので
これまた悪くない数字です。
肝心の収益目標ですが、大型案件が2つあったので、
こちらも目標クリアできています。

その新規提案数の内訳です。
リテンションマーケティングと富裕層マーケティングの
提案数を比較すると、14社対17社と、
富裕層マーケティングに軍配が。これは久しぶりのことです。
守備的な要素が強いリテンションマーケティングよりも、
攻撃的な意味合いが強い、富裕層マーケティングが
多いということは、景気がなんとなく
戻ってきた証拠であると思っています。

あと、特筆すべきは、リテンションマーケティングに
ソーシャルCRMの案件が2件、含まれているということ。
下期はこの割合が増えるのか??

さて、もうすでに後半の半年に入っていますね。
新規提案だけでなく、後半は引き続き大型案件もあります。
9月には、もうひとつくらい大型案件が決まりそうなので、
引き続き忙しい日々なのでしょう。ありがたいことです。
震災の年である今年は、働くと決めたので、
願ったりかなったりです。
[PR]

震災後の本業に対する影響


会う人会う人に聞かれます。
みなさんも、久しぶりに会うと、まず出だしは
この話題ですよね。


一番わかりやすい影響として、当社が戦略指標としている、
新規案件の提案数があります。
この提案数の定義は、引き合いが来て、打ち合わせをし、
提案書と見積書を提出すると、提案数としてカウントします。
単なる引き合いやバクとして相談などはここには含んでいません。


当社の月間目標提案数は、富裕層マーケティング領域で2つ、
リテンションマーケティング(守備マーケティング)領域で2つ、
合計4つです。
年間で50社くらいということになります。
引き合い案件はなにからなにまで応えていたころは、
年間250件くらい提案(ほぼ毎日プレゼン)していましたが、
ムダが多いこともわかったので、量より質に転換して3年くらいたちます。
実際に仕事になった(フィーを請求させていただいた)件数は
提案数50社でも250社でも、あんまり変わっていないのです。


さて、震災後、既存案件を除き、
新規提案数がどうなったかというと。

●3月11日~31日 0件
 → そんな雰囲気ではなかったですしね。
●4月 2件
 → まだまだ重苦しさが・・。
●5月 10件
 → GW明けから急激に動き出した感じです。
●6月 6件
 → 一部の業種を除いては動いていますね。
   明らかにリーマンショック後のときのような状態ではないです。


ということで、私が震災後の影響は?の問いに対して、答えていること。
●震災前に契約したコンサル案件は止まることなく順調に推移。
 震災前は例年どおりに戻っていたので、割と忙しくしています。
●新規の引き合いは、GW明けから普通に戻っています。
●ただ、当社の主力業種でもあるクルマメーカーさんなど、
 一部の業者では、案件が延期になったままのところもあります。


みなさんのところはどうでしょう?
[PR]

KTMメルマガ Vol 31 110628

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Vol.31━ 2011/06/28━
COMMUNICATION
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
▼本メールは、当社社員と名刺交換等をさせていただいた方々、資料請求を
いただいた方にお届けしています。配信の停止・変更をご希望の方は、下記
URLよりお手続きお願いいたします。
http://fofa.jp/ktmktg/c.p?-1000XXXXXXXX
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

---INDEX---
【1】 ご挨拶
【2】 mARKETING  - マーケティングです。-
【3】 Book Room - 読書ノススメ -
【4】 TOPICS - 話の種 -


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【1】ご挨拶
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【2】 mARKETING  - マーケティングです。-
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
mARKETINGとは、当社社名にもございます”Marketing=マーケティング”のこと
です。(スペルミスではございません。)
mARKETINGでは、最新のマーケティング手法や成功事例、マーケティングに
関する情報、支障のない範囲で当社のマーケティング活動をご案内いたします。


◆土屋による企業内セミナー講師

主に広告代理店さんのプラニング部署向けに
企業内セミナーを年間10本くらいやっております。

先月・今月のお題は、「守備マーケティング」「ソーシャルCRM」です。
昨今は、マーケティング3.0、守備マーケティングの
ことだけでなく、時代はソーシャルマーケなので、
どうしてもそちらの話である、ソーシャルCRMの方に
関心が集まってしまうようです。
パワポ50枚くらい、約1時間の説明、
質疑応答30分という構成です。

セミナーでしゃべることは以下となります。
・はじめに
・今日の講演目次
・私の経歴と当社実績
・守備マーケティングとマーケティング3.0との
 位置関係について
・守備マーケティングのレベルチェック
 3つの質問と回答
・守備マーケティング概要
 リテンションフレームと会員制マーケティング
・守備マーケティング詳細
 リテンションフレームの成功例
 クラブマーケティングの成功例
・守備マーケティングにおける会員獲得具体例
・守備マーケティングのこれから
・ソーシャルメディアマーケティングと
 守備マーケティングの関係
・SIPSと守備マーケティングの関係
・これからはソーシャルCRM
・ソーシャルCRMは日本で受け入れられるか?
・具体的に日本でテストしているソーシャルCRM
・おわりに

ご興味ある方は、info@ktmktg.co.jpまでご連絡ください。
当社と協業できそうな感じであれば、要相談のうえ、対応します。



◆今更ながら会員紹介プログラムが活況

今年5月・6月と数多くの企業さんの活動として
会員紹介プログラムを数多く見ました。
会員紹介、ご存知ですよね?メンバーゲットメンバーを
略してMGMなんて言い方をするところもあります。
ひとつだけ例をあげると、BMWさん。
今までもMGMは存在しておりましたが、
そのプログラムを大きく衣替えし、インセンティブも充実させ
A4サイズの立派なクリエイティブまで作成しておりました。

既存顧客が知り合いを連れてくることで、
住宅メーカーさんのある支店では、新規契約者のうち
実に70%がこのMGMで獲得できたそうです。
その数字はちょっと異常ですが、新規顧客獲得のうち、
10%程度は、MGMからもたらされるものであるのが
良いとされております。

さて、そんな古くからあるMGMが、どうしてこの2ヶ月だけ
活況だったのか、私なりに仮説を立ててみました。
それは、カンタンなことで、ずばり震災の影響だと思います。
派手な獲得プロモーションは、ひんしゅくを買うだけでなく
大きな効果も期待できそうもない。でも、獲得数字に
責任があるので何もやらないわけにもいかない。
このようなときは、既存顧客向けだけに
コミュニケーションをとっていれば、叩かれることもない。
そんなことから、このMGMの充実、プロモーションを
実行したのでしょう。
どんな結果だったのか、興味があります。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【3】Book Room - 読書ノススメ -
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
日々のアウトプットを補うために、日々のインプットを行いましょう。
Book Roomは、オススメの本をご紹介する”書庫”でございます。


年齢が入っている本。流行っていますね。
今回はその中からお奨めの2冊を紹介します。


◆40代を後悔しない50のリスト(大塚 寿著)

著者はリクルート出身。最近のリクルート出身者の方の
書籍にはいくつかあたりがありますね。
この本もそのうちのひとつです。
定年退職された方の多くが、40代の過ごし方を
一番後悔しているそうです。そうならないために
どうしたら良いのか、50のチェックポイントというか
アドバイスがあります。
40代は30代の延長ではないとか、
40代が収穫期とか、うなずくことが多かった本です。
できれば、30代の方に読んでもらいたいですね。


◆29歳からのルール(村尾 隆介著)

年齢がタイトルに入っている本のもうひとつは、
個人的にも大ファンの村尾隆介さんのわりと新しい本です。
30代になるために考えておきたい自分のルール。
考え方、仕事のしかた、つき合い方、振舞い方、魅せ方など、
100個のルールが載っています。
村尾さんの本をすべて読んでいることもあり、
もちろん自身がすでに40代ということもあり、
100個の提言のうち、85個くらいは、すでに実施または
努力中でした。実践できてないところをピックアップし、
課題リストに追加しました。
何歳の方が読んでも、パーソナルブランディングに
役に立つ本です。お奨めです。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【4】TOPICS - 話の種 -
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
TOPICSでは、
ご自身でのご利用はもちろんですが、例えば、「キャンペーン商品どうしよう?」
「新しいサービスの企画に何かいいものないかな」といった日常業務の中でも
ご活用 いただけるような話題のお店、商品などをご紹介してきいきます。


◆なでしこ寿司 http://fofa.jp/ktmktg/c.p?-1057XXXXXXXX

この店名。しかも場所は秋葉原です。
メイド喫茶のすし屋版と思ったあなた、読みすぎです。
女の子が寿司を握ってくれますが、本格派を目指しています。
セットも3000円からととてもリーズナブルです。
食べログでは酷評されていますが、実際に行ったことある
複数名に聞いたところ、みな評価しておりました。
話のネタにもなりますので、ぜひ。


◆ひとり焼肉専門店「ひとり」
 http://fofa.jp/ktmktg/c.p?-1058XXXXXXXX(食べログです)

飲食店ネタをもうひとつ。
「ひとりカラオケ」や「ひとりボウリング」に続いて、
今度は焼肉ですよ。上野にあります。
こちらも話のネタにどうぞ。
次は「ひとり鍋」「ひとりキャンプファイヤー」とかが
続いてくれると行くんだけどなあ。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
COMMUNICATIONは、KTマーケティング株式会社(以下当社)が発行するメール
マガジンです。COMMUNICATIONの著作権は当社に属し、当社の許可なく複製・
再配信等を行うことはできません。

Copyright(c) 2011 KT Marketing Co.,Ltd. All Rights Reserved.
http://fofa.jp/ktmktg/c.p?-1001XXXXXXXX
communication@ktmktg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]

オープンセミナー講師

バタバタの6月でしたが、以前より約束していた
セミナー講師を2本こなしました。
7月も2本、入っています。
今回はそのことについてです。



企業内講師として講演みたいのは年間8本~10本くらい
やりますが、6月の1本は、久しぶりにオープンセミナーで
講演してきました。
といっても、リクルートのOBの方が
やっておられる勉強会ですので、
素性は知れた方々ばかりですので、
半分クローズドの会と言えるかもしれません。



お題は、「守備マーケティング」「ソーシャルCRM」です。
昨今は、マーケティング3.0、守備マーケティングの
ことだけでなく、時代はソーシャルマーケなので、
どうしてもそちらの話である、ソーシャルCRMの方に
関心が集まってしまうようです。
パワポ50枚くらい、約1時間半の説明、
質疑応答30分という構成です。
個人的に質疑応答の時間が長めにあると
その講演の満足度があがると感じております。



パワポの概要を列挙しておきます。
・はじめに
・今日の講演目次
・私の経歴と当社実績
・守備マーケティングとマーケティング3.0との
 位置関係について
・守備マーケティングのレベルチェック
 3つの質問と回答
・守備マーケティング概要
 リテンションフレームと会員制マーケティング
・守備マーケティング詳細
 リテンションフレームの成功例
 クラブマーケティングの成功例
・守備マーケティングにおける会員獲得具体例
・守備マーケティングのこれから
・ソーシャルメディアマーケティングと
 守備マーケティングの関係
・SIPSと守備マーケティングの関係
・これからはソーシャルCRM
・ソーシャルCRMは日本で受け入れられるか?
・具体的に日本でテストしているソーシャルCRM
・おわりに



企業内講演については、当社と協業できそうな
感じであれば、講演料は無料です。
オープン講演は原則有料でやっておりますが。
ご希望あれば、お気軽に声かけてください。
[PR]

久しぶりに更新しました



ブログ更新していないなと思ったら、
ちょうど1か月も経っています。
ここ数年、1週間に1本、月間4~5本を
維持してこれたのですが・・・。


理由は単純で、大型案件のローンチが
7月1日にあり、それで忙殺されておりました。
まだまだ予断はゆるさないものの、なんとか
メドがたったので、こうして更新しています。


7月1日にスタートしてからが本番といえば
本番なんですけどね。


ある業界としては画期的なことかもしれないので、
ニュースリリースされると思います。
また、私のネットワークの方々には、事例として
話をさせていただく機会もあるかと。


7月は通常更新に戻りますので、引き続き、よろしくお願いします。
[PR]

宣伝会議SPセミナー報告


少し前(5月20日)ですが、宣伝会議さんの
SP関連セミナーに出席してきました。


通常、SP的な仕事はしていないのですが、
そのセミナーのあるワクの講演者が、さとなおさん、
伊藤直樹さん、ケトルの嶋さんだったので、
つい参加してしまいました。
以下の各人の講演について、概要を書きます。


<伊藤直樹さん>
●最近は、cause(ここでは社会的な大儀・信条みたいな)を
  キーワードで活動している。
●社会的に役に立つ・社会の何らかのソリューションを作る、
  また、今までになかったことを作ることを意識している。
●具体的な例として、nikeのrun fwdをあげていました。
http://nikerunfwd.jp/index.html
  ネットとリアルで駅伝をする感じです。
  出発点のある人がたすきを持って走る
  (走った場所や距離がわかるように専用のiphoneアプリを
  利用しながら)、そして次の人(知人でも誰でも良い)に
  たすきを渡す。その人は決められた時間までに同じように走り、
  そうしてたすきをつないでいく。優勝したチームは135名、
  合計走行距離1135キロだったそうな。
●裏テーマは、ソーシャルrun。ソーシャルメディアを
  強制はしていないが、ソーシャルメディアを使って
  コミュニケーションさせているし、その様子を伝播させている。
●また、iphoneアプリの購入やnikeID(オンラインでオリジナルクツを
  注文する仕組み)に結び付けているので、販促にもきちんと
  つながっている。
●広告や販促・SPの境目のない、ごった煮感が良いでしょう、と。
  さすがですねえ。


<さとなおさん>
●SIPSのことが中心でした。
  http://www.dentsu.co.jp/sips/index.html
●ブログなどでいつもチェックしているので、驚きなどは
  なかったです。久しぶりに実物を見ました。でかっ。
●3つのポイントをあげていました。
   ・共感をともなう。
     共感なければ参加しない。
   ・人に言いたくなる。
   ・関与したくなる。応援したくなる。
     社会性を持つ。
     売る人の顔が見える。  


<ケトルの嶋さん>
●クリエーターの肩書きだけでなく編集者でもある嶋さんが、
  本屋大賞を仕掛けていたこと、初めて知りました。
●自分も全部読んでるもんなあ。大賞に選ばれた作品は
  すべて100万部突破しているそうです。



社会性を持ち、広告だか、PRだか、販促・SPだか
わからないけど、楽しそうだったり、人に言いたくなったり、
そして企業にとっては売上を確保しつつ、ブランディングも
できている・・・。こうしたことを提案・実行できるところだけ、
評価されていくのだと思います。
[PR]

KTMメルマガ Vol 30 110517


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Vol.30━ 2011/05/17━
COMMUNICATION
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ‥‥‥‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
▼本メールは、当社社員と名刺交換等をさせていただいた方々、資料請求を
いただいた方にお届けしています。配信の停止・変更をご希望の方は、下記
URLよりお手続きお願いいたします。
http://fofa.jp/ktmktg/c.p?02c6mYQ5NS
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

---INDEX---
【1】 ご挨拶
【2】 mARKETING  - マーケティングです。-
【3】 Book Room - 読書ノススメ -
【4】 TOPICS - 話の種 -


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【1】ご挨拶
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【2】 mARKETING  - マーケティングです。-
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
mARKETINGとは、当社社名にもございます”Marketing=マーケティング”のこと
です。(スペルミスではございません。)
mARKETINGでは、最新のマーケティング手法や成功事例、マーケティングに
関する情報、支障のない範囲で当社のマーケティング活動をご案内いたします。


◆土屋の考えるマーケティング3.0

マーケティング1.0~3.0の一般論と
当社の解釈を整理してみました。
なお、以下は当社の解釈のため、一部、
認識相違しているところもあるかもしれません。
あらかじめご了承ください。


<一般論>
マーケティング1.0
・製品を中心とした考え。需要が供給を上回っている時代でもある。
・広告が大きなビジネスに成長。
・4P、3Cなどのフレームワークができる。
・企業側が一方的にどのように販売するか?
マーケティング2.0
・顧客を中心とした考え。供給が需要を上回りカンタンには売れない時代。
・広告は健在だが先行きには不透明感。
・STP(セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング)や
 CRMなどのフレームワークも追加される。
・企業が顧客に対し、どのように継続購入してもらうか?
マーケティング3.0
・人間(生活者)中心、利用者がパートナーになる考え。
・アドボカシーの考え方が出てくる。
・ひとりひとりのニーズやコンテクスト(事情や背景)を把握し、
 利用者に喜んでもらう。
・「共感」や「社会貢献」がキーワードに。
・企業は生活者にどのように(製品開発や販売などに)協力してもらうか?


<土屋の解釈と守備マーケティング、
 そしてソーシャルCRM>

テキストだけではわかりにくいので、パワポで
作成した資料をダウンロードできるようにしました。
ターゲットメディアさんのここからどうぞ。
http://www.marke-media.net/material_detail.php?material_no=12689
(登録が面倒な方は、当社infoまでメール、お送りください)



◆守備マーケティング本、プレゼント継続します!

先月に引き続き、今月も5冊ほど、プレゼント継続します。
http://amzn.to/i7Agbt

以下のアドレスまで、必要情報をつけてメールください。
●送り先メアド:info@ktmktg.co.jp
●必要情報:郵便番号、送付先住所、勤務先名、所属部課名、氏名
※送付先は勤務先のみとさせていただきます。
  抽選結果は発送にかえさせてもらいます。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【3】Book Room - 読書ノススメ -
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
日々のアウトプットを補うために、日々のインプットを行いましょう。
Book Roomは、オススメの本をご紹介する”書庫”でございます。


◆先頭集団のダイレクトマーケティング(電通 ダイレクト・プロジェクト著)

ダイマケの世界では有名な電通の椎名さんなどが
著者に名を連ねています。最近、お名前を
聞かないと思ったら、通販関係のこちらに
注力されていたんですね。
そう、これは、電通さんのダイマケ部隊が、
広義の通販ビジネスで、どのように苦労されて
いるのかがわかる本です。
ただ、ちょっと意外だったのが、電通さんが通販ビジネスに
こんなに力を入れていたこと。この世界は大広さんの方が
有名なイメージだったので。
いずれにしても、通販ビジネスに関係がある方は
気づきを得たり、復習したりと、必読だと思います。



◆7つの制約にしばられない生き方 (本田 直之著)

久しぶりに本田さんの著者を読んで見ました。
同じような内容が多いため、吟味しながら読んでおります。
この本では7つの制約とは、「時間」「場所」「人」「お金」
「働き方」「服装」「思考」のことです。
個人的にもチェックしてみましたが、ほとんどの項目で、
達成または努力中でした。
かなり著者の本田さんに毒されているなと、
感じてしまいました(苦笑)
良し悪しはともかくとして、このような生き方を
達成できる人が、少しずつ増えていくのは
間違いないと思います。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【4】TOPICS - 話の種 -
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
TOPICSでは、
ご自身でのご利用はもちろんですが、例えば、「キャンペーン商品どうしよう?」
「新しいサービスの企画に何かいいものないかな」といった日常業務の中でも
ご活用 いただけるような話題のお店、商品などをご紹介してきいきます。


◆ホイチョイプロダクションのレストラン紹介コンテンツ
  http://www.hoichoi.jp/info.html
自粛ムードを払拭するためにも積極的に外食しましょう。
そのときに、どこのお店に行ったら良いのかと悩んだら
このコンテンツをチェックしてみてください。
(ケータイコンテンツですが)
ホイチョイが発刊した、かの名著の現代版です。



◆防災グッズ ホンダ エネポEU9iGB 
http://www.honda.co.jp/generator/enepo/index.html

こんな時代ですので、防災グッズを取り上げてみます。
実際にクライアントさんに提案した商品です。
品薄ですが、知り合いのホンダの販売店経由で
試みてみました。実売価格ではなんとか景表法の
範囲内にもなりそうです。
今夏、個人的にも1台欲しいなと思える商品です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
COMMUNICATIONは、KTマーケティング株式会社(以下当社)が発行するメール
マガジンです。COMMUNICATIONの著作権は当社に属し、当社の許可なく複製・
再配信等を行うことはできません。

Copyright(c) 2011 KT Marketing Co.,Ltd. All Rights Reserved.
http://fofa.jp/ktmktg/c.p?42c6mYQ5NS
communication@ktmktg.co.jp ━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
# by ktmktg | 2011-05-17 19:00

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧