ブログトップ

<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

宣伝会議SPセミナー報告


少し前(5月20日)ですが、宣伝会議さんの
SP関連セミナーに出席してきました。


通常、SP的な仕事はしていないのですが、
そのセミナーのあるワクの講演者が、さとなおさん、
伊藤直樹さん、ケトルの嶋さんだったので、
つい参加してしまいました。
以下の各人の講演について、概要を書きます。


<伊藤直樹さん>
●最近は、cause(ここでは社会的な大儀・信条みたいな)を
  キーワードで活動している。
●社会的に役に立つ・社会の何らかのソリューションを作る、
  また、今までになかったことを作ることを意識している。
●具体的な例として、nikeのrun fwdをあげていました。
http://nikerunfwd.jp/index.html
  ネットとリアルで駅伝をする感じです。
  出発点のある人がたすきを持って走る
  (走った場所や距離がわかるように専用のiphoneアプリを
  利用しながら)、そして次の人(知人でも誰でも良い)に
  たすきを渡す。その人は決められた時間までに同じように走り、
  そうしてたすきをつないでいく。優勝したチームは135名、
  合計走行距離1135キロだったそうな。
●裏テーマは、ソーシャルrun。ソーシャルメディアを
  強制はしていないが、ソーシャルメディアを使って
  コミュニケーションさせているし、その様子を伝播させている。
●また、iphoneアプリの購入やnikeID(オンラインでオリジナルクツを
  注文する仕組み)に結び付けているので、販促にもきちんと
  つながっている。
●広告や販促・SPの境目のない、ごった煮感が良いでしょう、と。
  さすがですねえ。


<さとなおさん>
●SIPSのことが中心でした。
  http://www.dentsu.co.jp/sips/index.html
●ブログなどでいつもチェックしているので、驚きなどは
  なかったです。久しぶりに実物を見ました。でかっ。
●3つのポイントをあげていました。
   ・共感をともなう。
     共感なければ参加しない。
   ・人に言いたくなる。
   ・関与したくなる。応援したくなる。
     社会性を持つ。
     売る人の顔が見える。  


<ケトルの嶋さん>
●クリエーターの肩書きだけでなく編集者でもある嶋さんが、
  本屋大賞を仕掛けていたこと、初めて知りました。
●自分も全部読んでるもんなあ。大賞に選ばれた作品は
  すべて100万部突破しているそうです。



社会性を持ち、広告だか、PRだか、販促・SPだか
わからないけど、楽しそうだったり、人に言いたくなったり、
そして企業にとっては売上を確保しつつ、ブランディングも
できている・・・。こうしたことを提案・実行できるところだけ、
評価されていくのだと思います。
[PR]

KTMメルマガ Vol 30 110517


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Vol.30━ 2011/05/17━
COMMUNICATION
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ‥‥‥‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
▼本メールは、当社社員と名刺交換等をさせていただいた方々、資料請求を
いただいた方にお届けしています。配信の停止・変更をご希望の方は、下記
URLよりお手続きお願いいたします。
http://fofa.jp/ktmktg/c.p?02c6mYQ5NS
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

---INDEX---
【1】 ご挨拶
【2】 mARKETING  - マーケティングです。-
【3】 Book Room - 読書ノススメ -
【4】 TOPICS - 話の種 -


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【1】ご挨拶
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【2】 mARKETING  - マーケティングです。-
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
mARKETINGとは、当社社名にもございます”Marketing=マーケティング”のこと
です。(スペルミスではございません。)
mARKETINGでは、最新のマーケティング手法や成功事例、マーケティングに
関する情報、支障のない範囲で当社のマーケティング活動をご案内いたします。


◆土屋の考えるマーケティング3.0

マーケティング1.0~3.0の一般論と
当社の解釈を整理してみました。
なお、以下は当社の解釈のため、一部、
認識相違しているところもあるかもしれません。
あらかじめご了承ください。


<一般論>
マーケティング1.0
・製品を中心とした考え。需要が供給を上回っている時代でもある。
・広告が大きなビジネスに成長。
・4P、3Cなどのフレームワークができる。
・企業側が一方的にどのように販売するか?
マーケティング2.0
・顧客を中心とした考え。供給が需要を上回りカンタンには売れない時代。
・広告は健在だが先行きには不透明感。
・STP(セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング)や
 CRMなどのフレームワークも追加される。
・企業が顧客に対し、どのように継続購入してもらうか?
マーケティング3.0
・人間(生活者)中心、利用者がパートナーになる考え。
・アドボカシーの考え方が出てくる。
・ひとりひとりのニーズやコンテクスト(事情や背景)を把握し、
 利用者に喜んでもらう。
・「共感」や「社会貢献」がキーワードに。
・企業は生活者にどのように(製品開発や販売などに)協力してもらうか?


<土屋の解釈と守備マーケティング、
 そしてソーシャルCRM>

テキストだけではわかりにくいので、パワポで
作成した資料をダウンロードできるようにしました。
ターゲットメディアさんのここからどうぞ。
http://www.marke-media.net/material_detail.php?material_no=12689
(登録が面倒な方は、当社infoまでメール、お送りください)



◆守備マーケティング本、プレゼント継続します!

先月に引き続き、今月も5冊ほど、プレゼント継続します。
http://amzn.to/i7Agbt

以下のアドレスまで、必要情報をつけてメールください。
●送り先メアド:info@ktmktg.co.jp
●必要情報:郵便番号、送付先住所、勤務先名、所属部課名、氏名
※送付先は勤務先のみとさせていただきます。
  抽選結果は発送にかえさせてもらいます。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【3】Book Room - 読書ノススメ -
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
日々のアウトプットを補うために、日々のインプットを行いましょう。
Book Roomは、オススメの本をご紹介する”書庫”でございます。


◆先頭集団のダイレクトマーケティング(電通 ダイレクト・プロジェクト著)

ダイマケの世界では有名な電通の椎名さんなどが
著者に名を連ねています。最近、お名前を
聞かないと思ったら、通販関係のこちらに
注力されていたんですね。
そう、これは、電通さんのダイマケ部隊が、
広義の通販ビジネスで、どのように苦労されて
いるのかがわかる本です。
ただ、ちょっと意外だったのが、電通さんが通販ビジネスに
こんなに力を入れていたこと。この世界は大広さんの方が
有名なイメージだったので。
いずれにしても、通販ビジネスに関係がある方は
気づきを得たり、復習したりと、必読だと思います。



◆7つの制約にしばられない生き方 (本田 直之著)

久しぶりに本田さんの著者を読んで見ました。
同じような内容が多いため、吟味しながら読んでおります。
この本では7つの制約とは、「時間」「場所」「人」「お金」
「働き方」「服装」「思考」のことです。
個人的にもチェックしてみましたが、ほとんどの項目で、
達成または努力中でした。
かなり著者の本田さんに毒されているなと、
感じてしまいました(苦笑)
良し悪しはともかくとして、このような生き方を
達成できる人が、少しずつ増えていくのは
間違いないと思います。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【4】TOPICS - 話の種 -
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
TOPICSでは、
ご自身でのご利用はもちろんですが、例えば、「キャンペーン商品どうしよう?」
「新しいサービスの企画に何かいいものないかな」といった日常業務の中でも
ご活用 いただけるような話題のお店、商品などをご紹介してきいきます。


◆ホイチョイプロダクションのレストラン紹介コンテンツ
  http://www.hoichoi.jp/info.html
自粛ムードを払拭するためにも積極的に外食しましょう。
そのときに、どこのお店に行ったら良いのかと悩んだら
このコンテンツをチェックしてみてください。
(ケータイコンテンツですが)
ホイチョイが発刊した、かの名著の現代版です。



◆防災グッズ ホンダ エネポEU9iGB 
http://www.honda.co.jp/generator/enepo/index.html

こんな時代ですので、防災グッズを取り上げてみます。
実際にクライアントさんに提案した商品です。
品薄ですが、知り合いのホンダの販売店経由で
試みてみました。実売価格ではなんとか景表法の
範囲内にもなりそうです。
今夏、個人的にも1台欲しいなと思える商品です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
COMMUNICATIONは、KTマーケティング株式会社(以下当社)が発行するメール
マガジンです。COMMUNICATIONの著作権は当社に属し、当社の許可なく複製・
再配信等を行うことはできません。

Copyright(c) 2011 KT Marketing Co.,Ltd. All Rights Reserved.
http://fofa.jp/ktmktg/c.p?42c6mYQ5NS
communication@ktmktg.co.jp ━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by ktmktg | 2011-05-17 19:00

セミナー報告 リードのマーケティングEXPO


毎年恒例、リードのマーケティングEXPO、
そこの専門セミナーは、有料で、いつも良いものが
えられるので、毎年、いくつかには必ず参加しています。
今年も4つほど出てみました。


その中でも、今回、あえてこのブログでとりあげるのは
ZOZOTOWNのスタートトゥデイさんです。
今まで、セミナーで聞いたこともなかったですし、CRMで
成功しているとの噂も知らなかったので、これを一番の
楽しみにしていました。


知らないはずです。今年の4月からローンチされたばかりだそうな。
セミナーを聞いた感想を最初に書いてしまうと、
実にオーソドックスなCRM構築をしているということです。
その理由は以下を見てもらえれば、リテンション業界、
CRM業界の方でしたら、すぐにわかるはずです。


(1)データウエアハウス
●新日鉄ソリューションズさんがインプリ。
(2)BI
●マイクロストラテジーのツールをブレインパッドさんが詳細分析。
(3)マーケティングオートメーション
●ユニカキャンペーンを電通国際さんがインプリ、
 メール配信はエイケアさん、レコメンドはアルベルトさん。
 
 
オーソドックスな中にも自分としては特筆もんだなと感じたことを
以下に書きます。


まずは、イベントベースドマーケティング(以下EBM)を
織り交ぜていこうとしていること。
ものすごく懐かしいですね。当社も2005年ごろにSI屋さんと
組んで、金融機関などに盛んに仕掛けておりました。
あのときの結論として、日本では地方の金融機関しか、EBMは
なじまないのでは。
実際に代表的なイベント、結婚とか、家を建てたとか、
子供が生まれたとか、このようなときはお金が入用なので、
金融機関がサポート可能なのですが・・・。
他の業種となるとイベントと自社の商品とをリンクさせるのが
非常にむずかしいのかなと。
ZOZOさんもどのようなイベントを組み合わせていくのか、
次回以降確認したいものです。



CRMの呼び方をZOZOさんは、CFMと呼んでおり、部署名も
それを採用していること。
CFMのFは、Friendshipです。ですので、CFMとは
友達のような関係を構築し、継続することとなります。
企業理念が盛り込まれている、「らしい」ネーミングだと思いました。



あとは、どの企業さんも同じですが、さまざまなことをテストしながら
模索中であると感じました。
名前も売れている企業さんですし、新興企業でもあるので、
ぜひ、CRMの成功例になってもらいたいものです。
[PR]

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧