ブログトップ

<   2011年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

上下世代との橋渡しのための飲み会


今回も震災前に書いた内容です。
アップするタイミングをはかっていましたが、
今月もこのような飲み会を着実に実行しているので
あげておきます。


======================
仕事とは関係のない話ですが、
40代としてやっておきたかったことを書いています。
タイトルにあるとおり、上下世代の橋渡しを
自分のできる範囲で、することです。



先般、広告代理店・マーケティング会社勤務の
やる気のある20代女子2名と飲む機会がありました。
この女子との関係ですが、
あるクライアントさんのプロジェクトを1年以上に
わたって一緒に実行したメンバーです。
リテンションに関するプロジェクトでした。
そのときは、そのクライアントさんに対応するため、
事前の打合せも含め、少なくとも週2回は、
長時間にわたり顔をあわせておりましたので、
ちょっとした若き戦友という感じです。


2004年に起業してから、めっきりと20代の人との
接点が減りました。というのも、当社のメンバーは
みんな30歳以上ですし、当社のクライアントさんで
サポートする方々も30歳以上が多いです。
コンサルフィーだけで数千万円(全体では億~数十億円)の
プロジェクトをサポートする機会が多いので、
さすがにクライアントさん側もその中心メンバーは
30歳代~40歳代となるためです。
事業会社時代は、新入社員も含め、
部下には多く20歳代がいましたけどね。


さて、前段から長くなりましたが、昨年、私より
20歳上の方が亡くなりました。事業会社時代から
起業後もたいへん良くしてもらったおやっさんでした。
彼の馴染みの銀座や西麻布の店にも良く連れてって
もらいましたし、いろいろ教えてもらいました。
このブログでも、「哀悼」というタイトルで書きました。
そのときに、思ったことは、彼と同じコトを自分は
できていないのではないかなと。
10歳~20歳くらいはなれた人に、
なんの見返りも期待しないで、定期的にアドバイスし、
メシを奢る、自分の知っている店に連れて行く・・。
僕が彼から個人的に受けた飲食代は、数えたことはありませんが、
数百万円レベルに達しているでしょう。


僕は昭和41年生まれ、平成元年に社会人になっています。
すでに平成の世の方が長く生きているものの、
昭和の人であり、経済成長時代の50歳・60歳代の方々と
まだ、つながっている世代でもあります。
未だに、自分が若かったころの上司と飲む機会が
あります。そういう40歳代も多いと思います。


でも、昨今の状況を見ていると、この40歳代位の人が
20歳代~30歳代前半との世代間のつながりを
絶ってしまっているように思います。
上の世代からしてもらったことを、下の世代に
していますか?定期的に飲みに誘ってますか?
ということです。
できない理由をあげることはカンタンですし、
時代のせいにすることもできるでしょう。


でも、それは良くないなと。せめて、自分だけでも、
自分が受けてきたことを下の世代にしてあげないと。
と思って、冒頭の飲み会がありました。
まあ、単にかわいい女子と飲んだことを正当化したい
だけだろうとのつっこみもあるようですが・・・ハハっ。
今回は女性のことを書きましたが、
若い男性も応援してますよ。
[PR]

KTMメルマガ Vol 29 110415


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Vol.29━ 2011/04/15━
COMMUNICATION
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
▼本メールは、当社社員と名刺交換等をさせていただいた方々、資料請求を
いただいた方にお届けしています。配信の停止・変更をご希望の方は、下記
URLよりお手続きお願いいたします。
http://fofa.jp/ktmktg/c.p?02c6mYS358
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

---INDEX---
【1】 ご挨拶
【2】 mARKETING  - マーケティングです。-
【3】 Book Room - 読書ノススメ -
【4】 TOPICS - 話の種 -


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【1】ご挨拶
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【2】 mARKETING  - マーケティングです。-
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
mARKETINGとは、当社社名にもございます”Marketing=マーケティング”のこと
です。(スペルミスではございません。)
mARKETINGでは、最新のマーケティング手法や成功事例、マーケティングに
関する情報、支障のない範囲で当社のマーケティング活動をご案内いたします。


◆拙著「守備マーケティング入門」

このブログでも何回か経過を報告しておりましたが、
無事、3月に発刊しております。
http://amzn.to/i7Agbt

クライアントおよびビジネスパートナーの方々には、
すでに献本済みですが、このメルマガの読者の方々にも
抽選で30名の方に、拙著をプレゼントします。
マーケティング3.0の時代ですが、マーケティング2.0も
その下支えになりますので、そこをもう一度勉強されたい方には
うってつけであると思っています。


以下のアドレスまで、必要情報をつけてメールください。
●送り先メアド:info@ktmktg.co.jp
●必要情報:郵便番号、送付先住所、勤務先名、所属部課名、氏名
※送付先は勤務先のみとさせていただきます。
  抽選結果は発送にかえさせてもらいます。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【3】Book Room - 読書ノススメ -
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
日々のアウトプットを補うために、日々のインプットを行いましょう。
Book Roomは、オススメの本をご紹介する”書庫”でございます。


◆キュレーションの時代(佐々木 俊尚著)

「電子書籍の衝撃」などの著書で有名なジャーナリストの
最新刊。キュレーションという聞きなれない言葉ですが、
私はアート関係の仕事にも一時かかわっていたので、
キュレーター(日本では美術館などに所属している
学芸員の意味で多く使われる)に関することだとは
すぐにわかりました。
ただ、これが、ニュース、情報、メディアに関する
水先案内人という意味になっていることは
この本を通じて、初めて知りました。
震災時の情報が混乱する中、著者の「震災キュレーション」
というFBページは本当にわかりやすかったです。
日本にも本格的なキュレーション時代が来ることを
確認しましたし、そういう方々が多く出てきて欲しいとも
思っています。


◆新版 戦略PR(本田 哲也著)

2年前にこの本の初版が出てから、PR業界は
大きく変わったと、その業界の外にいる私にも
わかるくらい、たいへんなインパクトがある本でした。
その本の新版です。
理論などは同じなのですが、事例が更新されています。
あのハイボールブームのことが、これを読むと
良くわかります。
現在のブームがPR業界から見た場合、
どのように仕掛けられているのか、興味のある方はぜひ。


◆スマートメディア(中村 滋著)

出版業界に長く在籍されていた著者。
ご自身の出身である出版業界がどうして
このように衰退していってしまったのか、
冷静に分析されており、とても納得できる内容です。
最近、いろんなところで目にしますが、
レコード・音楽業界が、このようなコンテンツ業界全般の
先駆者(ここでは衰退や変換の意味)であることが、
この本からも良くわかります。
登場人物をコンテンツ制作側(タレントやプロダクション)
モノを作って提供する側(レコード会社や販売店)、
イベント側(ライブやツアーなど)とした場合、
モノを提供する側が弱くなっているだけ。
これは出版業界や他の業界も同じ構図になっていくと。
その他、今後のスマートメディア論も知っておくべきでしょう。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【4】TOPICS - 話の種 -
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
TOPICSでは、
ご自身でのご利用はもちろんですが、例えば、「キャンペーン商品どうしよう?」
「新しいサービスの企画に何かいいものないかな」といった日常業務の中でも
ご活用 いただけるような話題のお店、商品などをご紹介してきいきます。


以下にあげるのは、私の知人のお店で、
震災の影響で閑古鳥がないて困っていると、
素直に知り合いに救援を求めたところをあげました。
自粛は自粛して、普通に戻りましょう。


<泉岳寺 紋屋>
泉岳寺のすぐそばにある富山地方の食材を
中心に提供する和食屋さんです。
個室なども多く、落ち着いた店内。
外食なんてという気持ちもわかりますが、
たまには外でおいしいものでも食べましょう。
私も仲の良い人との会食で良く利用しています。
http://www.monya.org/index_s.html


<海老原ファームのお取り寄せ>
キハチグループなどに数多くの野菜を提供している
栃木県にある海老原ファーム。
栃木県にある野菜はと敬遠する向きもわかりますが、
検査もされているので、もちろん安心です。
私も個人的に、ここから定期的にお取り寄せしています。
http://www.gillie.co.jp/ebivege/index.html


<a workroom>
代官山にあるテイラーメイド屋さんです。
こんなときに服を作っている場合ではないのも
わかりますが、そうは言っても経済を動かさないと
いけませんからね。
国分太一さんや渡部篤郎さんもここの常連さんです。
私もここでオリジナルジャケットを作っています。
http://www.a-workroom.com/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
COMMUNICATIONは、KTマーケティング株式会社(以下当社)が発行するメール
マガジンです。COMMUNICATIONの著作権は当社に属し、当社の許可なく複製・
再配信等を行うことはできません。

Copyright(c) 2011 KT Marketing Co.,Ltd. All Rights Reserved.
http://fofa.jp/ktmktg/c.p?42c6mYS358
communication@ktmktg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]

目指すはやっぱり、ホイチョイプロダクション


以下の文章は、3月9日(水)夜に書いたもの。
やわらかい内容だったので、今までアップしませんでした。


今、自分で読み返してみると、やはり311以後は、
自分の考えが大きく変わってしまったとの認識を
強く持ちました。
米国が911のあと、なぜ寄付やチャリティ、エコ、
サスティナブルな生活に急速に傾いていったのが、
最近良くわかるようになりました。
日本ならではのカタチで、似たような方向に
進んでいくことも容易に想像できます。


ということで、以前の話しと言うことでお読みください。


=============================
ホイチョイプロダクションをご存知ですか?
僕は今44歳ですが、同年代の方であれば、
必ず知っていると思います。


1983年にこのホイチョイプロダクションが発行した
「見栄講座」を読んだときの衝撃は今でも忘れません。
(私は高校2年生。ディスコに足しげく通っていたころです。)
その後、10年くらいにわたって読み込んでいました。
その本の「見栄フランス料理」という章の終盤、
フレンチレストランでの支払いは
ダイナースクラブカードか、1万円札でと書かれています。
のちに社会人として第一歩を踏み出したダイナースのことを
この本ではじめて知りました。ダイナースに入社したのは、
この本が大きな影響を与えていることは間違いないです。


なんでこんなことを書いたかというと、
会社も8年目に入り、一区切りである10周年までに
当社で次に実現したいことは何だろう?
自分が今やれていなく心底やりたいことってなんだろう?と
自問したときに、ホイチョイのことを思い出したんです。


彼らみたいに、おもしろいことを企画したり、本に連載することで
それがビジネスになっています。また、新しいレストランが
できれば食べに行って東京恋のキメワザ食堂に書くことで
こちらもビジネスになって・・。これが自分にとっての理想なんだろうなと。
(ちなみに東京恋のキメワザ食堂は、かの名著「東京いい店やれる店」の
 携帯版です。今も継続されています。)


私もかなり流行り系の仕事に運よく携われていますね。
ありがたいことです。
たとえば、日系高級車の立ち上げに参画したときは、
各輸入車調査と銘打って、さまざまな輸入車ディーラーに
フィーをもらいながら覆面取材で行けました。
六本木の都市開発にも参画できたときは、
他の億ションやサービスアパートメントめぐりをして、
アクイジションプランを考えたりしました。
1台百万円~数千万円する高級携帯の立ち上げもできましたね。
また、今でもブラックカードの特典開発なんて仕事も継続しているので、
高級ホテルや会員制レストランを調べて交渉したりしています。
ケータイキャリア関連の仕事もあったので、3社体制で使い分けたり、
そんなんで、スマホはいち早く利用していますしね。


こうして振り返ってみると、かなり近いところまで
実現できていますね。我ながら。
でも、ホイチョイみたいな楽しそうな感じがないんですよね。
ビジネス・ビジネスし過ぎてしまい。
もっと楽しそうに仕事すればいいのかな。
やはり、見栄講座、極楽スキー、東京いい店やれる店みたいに、
楽しい本を作ってみたいですね。
当社が持っているリテンションマーケティングや
富裕層マーケティングのノウハウや実例を茶化した内容で。
安易ですが、これを10周年の目標にすることにしました。
今から準備開始します。
[PR]

佐藤さんとのランチ ⇒ 自身のソーシャルメディアの感じ方


あれから丁度、1ヶ月。
今日も東京でも余震がありましたし、
まだまだ落ち着かない感であふれていますが、
前向きに行きましょう。


週末は知人の誕生会や花見や買い物に行くなど、
いつものように過ごしました。


さて、今日のネタは、このブログでもおなじみ、
佐藤義典さんと、先週、ランチをしたので、
その報告です。


佐藤義典さんについては、以下を参照ください。

佐藤さんの会社のHP
http://www.sandt.co.jp/
今までの著書などを確認してください。


マーケティングメルマガ「売れたま!」でも有名
http://www.mpara.com/profile.htm
まだ登録されていない方は、こちらより。
週2回、充実した内容で無料とは驚きですよ。


ビジスパで有料メルマガも開始
https://biz-spice.jp/detail/1004/1004/index.html
毎回2万字のボリュームがあり、すぐに元がとれる
さらに、充実した内容です。お試しもあるので、まだの方はぜひ!



年初に会う予定だったのですが、佐藤さんも
当方も1月・2月は忙しく、会えませでしたが、
ようやく実現。半年振りくらいでした。


今回は僕の出版の報告もあり、
リテンションマーケティングの
最前線について、熱く語ってしまいました。
12時からランチ開始し、場所をかえて、
15時近くまで話してしまいました。
時給10万円の方を長く拘束してしまい、
すみませんでした。


話した中でも印象的だったのが、やはり、
twitterやFBなどのソーシャルメディアのことと、
マーケティング3.0についてでした。


twitterのことは、ご自身のメルマガでも書かれていますが、
発信や拡散よりも、受信の機能の方が、ご自身には
うまく活用できてるとのこと。
私は、リアルにあったことないばかりの方々のTLを
眺めているしか使っていないですので、
なにか強い意見は持ち合わせていないです。


FBについては、個人的に利用することは、ふたりとも
評価していると言っていいと思います。
ただ、個人的なつながりということでは、
mixiでも十分にその機能を備わっているという認識。
大企業以外の企業がビジネスに使うイメージが
なかなか沸いてこないですね。
日本のビジネスマンには、ある程度浸透し、
日本ならではで、いくつものSNSが並行して
使われるのだと思います。ここ数年は。


ちなみに、私は、以前にも書いたことありますが、
「不義理にしてはいけない人リスト」を個人的に
作っています。このリストは100名くらいが
載っているのですが、実はふたつにわかれています。
①過去5年くらいで、当方にフィーを支払ってくれた人。
 ようは、クライアントさんです。
②商流は直接は発生していないものの、クライアント候補を
 紹介してくれたり、情報交換を定期的にしている人。
 佐藤さんもこちらに入ります。


私が、FBに友達登録しているのは、原則、
このリストの対象外で、リアルで面識がある人。
ほんの一部、不義理にしてはいけない人リストに
掲載されている方でも、FB登録がある方もいます。


現在は、3つの層があるものの、これらにFBが
入っていくのだろうなと思っています。
でも、これらの3つの層の総数は、
個人的には200名くらいが適切な数だと感じています。
リアルに食事したり、仕事したりしているので
多ければ良いというものではなく、濃密さも重要に
なってきますし、私の体力・能力の問題ももちろんあります。
今は、総数を意識しながら、その質を高めて行こうかと。


最後に、佐藤さんのマーケティング3.0に対する意見。
「パラダイムシフトがおきない(=今までのものがすべて否定される)
状況では、マーケティング○○と呼んでいても
あまり意味がないということ。ツールや呼び方が
違うだけで、本質的には昔と一緒。」
なるほど、わかりやすいなあ。
[PR]

ブックファースト渋谷にもあるそうです。

知人が送ってくれました。
ブックファースト渋谷店の棚だそうです。
私はまだ、本屋に並んでいるところは確認していないです。
f0108003_15405481.jpg
[PR]

本、発刊しております。



「守備マーケティング入門」というタイトルで、3月に発刊しました。


富裕層マーケティング以外のスキル、リテンションマーケティング、
クラブマーケティングなど、顧客維持・育成のことについて
書いてあります。


昨年の夏から10月にかけて書いたので、
ちょっと間抜けな表現もあります。
マーケティング3.0のことも書こうと思ったのですが、刻々とその状況が
変わるため、当たり障りのないつまらない書き方になっています。
3章のことです。


それ以外は、過去数年にわたってコンサルしてきたことを
書きましたので、リテンションが命題のマーケターにとっては、
有益な内容だとは思っております。


アマゾンではこれ。
http://amzn.to/i7Agbtf0108003_15375981.jpg
[PR]

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧