ブログトップ

<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

レコメンド最前線


また、セミナー報告です(苦笑)



DM学会の部会に出てきました。
ちなみに、DM学会とは、ダイレクトマーケティング学会のことです。
ダイマケと言われ始めた時代から会員なんです。
http://www.dm-gakkai.jp/index.html


その研究部会の今回のテーマがこれ。
次世代Web研究部会オープン・フォーラム
【レコメンデーション最前線】
―顧客の行動に基づくパーソナルなアプローチ―
http://www.dm-gakkai.jp/kenkyubukai/web.html


Webではないですが、今でもレコメンドについては、
日々のコンサル業務の中でも出てきますので、
それの情報収集のためでした。


私がおもしろいと感じたこと(=今回の収穫)は以下です。
●レコメンドは基本「うざい」「うさんくさい」「商売っけがありすぎ」と
 認識されていること。
 ワントゥワンマーケティングのときにも出た課題ですが、
 あまりにやりすぎると気持ち悪がられ、マイナスの印象を
 与えるだけになってしまう。そのために相当気を遣う必要があるとの
 実務者ならではの話。 
●Webの世界を中心に、さまざまなレコメンドモデルが
 出てはテスト・実行されてきているが、結局のところ、
 2000年代前半にあった、データマイニングの世界に
 戻ってきているとの話。
●ただ、その当時と違うのは、データ量がほぼ無限なまでに
 拡大しているということ。例えば、GPS情報や
 ケータイの通話・メール情報、電子マネー情報など、
 当時にはなかったデータも交えてレコメンドモデルを
 試行しているところであるとの話。
●ネット上での自分(例えばアバターとか匿名とか)と
 リアルの自分がいることを考慮しないといけないと。 


やはり、実務家の方に話を聞いて、最新情報を更新しておくことは
良いことだと、実感したセミナーでした。
[PR]

某交通系企業のEメールマーケティング


セミナー報告が続いてすみません。
当社クライアントさんの面白い話や成功話などを
書きたいのは山々なのですが・・・。



さて、今日のネタ。
メルマガにも書きましたが、ベンチャー企業が主催した
あるセミナーで、そのクライアントさんである某交通系企業の
Eメールマーケティングについて、話を聞く機会がありました。


大企業らしく、Eメールマーケティティングについても
全方位型で進めています。ここでいう全方位型というのは
全顧客一括メルマガもあれば、顧客がセグメントされたメールもあれば、
商品ごとのメルマガもあり、緊急的なディスカウントセールメールなど
ありとあらゆる種類のメルマガがあり、それを統合管理しながら
全社最適化・顧客ごとの最適化を調整しながら、推し進めていることを
指します。


部署間との利害調整やスケジュール管理、効果測定など、
そのご苦労は手に取るようにわかります。
そのあたりについては、上目線で恐縮ですが、
特に驚くような話の内容はなかったです。大企業さんにとっては
当たり前のことと言いますか、よくあるパターンに聞こえました。


メルマガにも書きましたが、最も印象に残っているのはこれです。
======================
●メルマガの発行数は多ければ多いほどよいという
 ものではなく、きちんとセグメントされた方々に
 適切な内容で送ることでROIが最適化されるという、
 それはそれは教科書通りのことです。
●メルマガのペーシングのうち上限は、週3回まで。
 これ以上になるとROIが下がるそうです。
======================


ここで、ちょっと気になったことを書きます。
現在の効果のところで、怖いくらい思い通りの結果が
出ていると登壇者からの発言がありました。
ネットでの交通系の予約は相当なスピードで
急成長していますので、世の中の流れの中での良好な
結果なのか、メルマガ統合やペーシングを守ることによる
良好な結果なのか、コントロールグループをとって
正確に判断できているのかが、怪しかったですね。
そこまでできていれば、完璧なのですが・・・。
多分、やっていると思います。
[PR]

KTMメルマガ Vol 25 101116

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Vol.25━ 2010/11/16━
COMMUNICATION
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
▼本メールは、当社社員と名刺交換等をさせていただいた方々、資料請求を
いただいた方にお届けしています。配信の停止・変更をご希望の方は、下記
URLよりお手続きお願いいたします。
http://fofa.jp/ktmktg/c.p?02c2aQy5W1
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

---INDEX---
【1】 ご挨拶
【2】 mARKETING  - マーケティングです。-
【3】 Book Room - 読書ノススメ -
【4】 TOPICS - 話の種 -


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【1】ご挨拶
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


みなさん、こんにちは。代表の土屋です。
前号にも書きましたが、
リテンションマーケティングのことを書いた本、
1月初旬に合同出版さんより発刊します。
すでに原稿は書き上げ、ゲラの校正をしているところです。
読者のみなさんには、個別に献本やプレゼントキャンペーンを
いたします。詳細は次号あたりでお知らせします。
では、今号をどうぞ。

blog : http://ktmktg.exblog.jp/
  twitter : http://twitter.com/kojikoji1202


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【2】 mARKETING  - マーケティングです。-
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
mARKETINGとは、当社社名にもございます”Marketing=マーケティング”のこと
です。(スペルミスではございません。)
mARKETINGでは、最新のマーケティング手法や成功事例、マーケティングに
関する情報、支障のない範囲で当社のマーケティング活動をご案内いたします。


◆ソーシャルデータと内部データとの結合の話し

前号で電通さんのマーケティングクラウドで、
リテンション・CRM関連のデータと見込み客時代のデータ、
ソーシャルメディア(SNS、ブログ、ツイッターなど)での
個人を特定したデータとの融合について意見を書きました。
リテンション関連の方々からは多くの反響をもらいました。

その続きというわけではないのですが、今週、ある知人より
おもしろいベンチャー企業を紹介してもらいました。
それが、16のソーシャルメディアを管理できるアプリ
Jibemobileといいます。
http://fofa.jp/ktmktg/c.p?32c2aQy5W1

どうやら現時点では、アンドロイド系にしか対応していないようで
iphoneでは現時点では確認できませんでした。
顧客側からみるとヤフーのマネールックが口座情報などを
一元管理できる感じに似ています。
データ管理・利用側からみると、口座情報とは性質が違いますので
データ活用がやりやすいように見受けられます。
つまり、個々人のソーシャル系データをあたかも内部データのように
扱うことができるようになり、リテンション系のデータ分析が向上し、
別の次元に行ける可能性があるということです。
このアプリがはやり、データもかなり集まってからとなるでしょうが、
ここまで来ると早そうなので、来年の半ばには
なんらかの結論が出ていそうですね。



◆大手交通系さんのEメールマーケティング

あるベンチャー企業のクライアントセミナーに参加してきました。
そこで登壇したのが大手交通系企業さん。
話の内容は、Eメールマーケティングついてです。
正直、びっくりするような内容ではなかったのですが、
試行錯誤している様子が手にとるようにわかりました。

もっとも印象に残っていることをここにあげます。
●メルマガの発行数は多ければ多いほどよいという
 ものではなく、きちんとセグメントされた方々に
 適切な内容で送ることでROIが最適化されるという、
 それはそれは教科書通りのことです。
●メルマガのペーシングのうち上限は、週3回まで。
 これ以上になるとROIが下がるそうです。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【3】Book Room - 読書ノススメ -
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
日々のアウトプットを補うために、日々のインプットを行いましょう。
Book Roomは、オススメの本をご紹介する”書庫”でございます。


◆ブランドのはじめかた(中川淳 西澤明洋著)

中小企業のブランディングの成功例として、メディアにも
数多く登場するおふたりの共著です。
内容は中小企業のブランディングをどうはじめればよいのか、
という本なのですが、これは、大企業の新規事業の
ブランディングにも読み替えることができるので、
多くの方が参考になると思います。
このおふたりが実際に成功させた事例も5つ掲載されており、
ブランディングのわかりやすさでは群を抜く出来だと思います。
ブランディング初心者だけでなく、ブランディングに一家言
ある方などにお奨めの本です。



◆たった5分であなたと仕事をしたいと思われる話し方(小宮 一慶著)

養成講座シリーズで有名な小宮さんの本です。
小宮さんご自身が、どのような人とたちと懇意になりたいか、
一緒に仕事をしたいかが良くわかる本です。
そのためのノウハウがわかりやすく書かれています。
20代で仕事の人脈をこれから築き上げていく人に
ぜひ読んでもらいたい本です。それ以上の年代の方にも
仕事仲間の構築を見直したい方はぜひ、読んでみてください。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【4】TOPICS - 話の種 -
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
TOPICSでは、
ご自身でのご利用はもちろんですが、例えば、「キャンペーン商品どうしよう?」
「新しいサービスの企画に何かいいものないかな」といった日常業務の中でも
ご活用 いただけるような話題のお店、商品などをご紹介してきいきます。


◆ナイキID http://fofa.jp/ktmktg/c.p?42c2aQy5W1

このナイキIDやリーバイスカーヴIDなど、最近の
カスタマイズには目を見張るものがあります。
私も先日、発注してみました。少し時間がかかるのが
難点ですが、それも楽しみの時間と思えば・・。
11月末までに発注すればクリスマスイブまでに
納品してくれる特別オーダーもやっています。
カスタマイズの最前線を体験してみてください。



◆ザ・ランドレス http://fofa.jp/ktmktg/c.p?52c2aQy5W1

ニューヨークでスタートしたファブリックケアの
スペシャリティブランド。ロゴに見覚えのある方も多いのでは。
ハイセンスだけでなく、今の時代にあわせてエコです。
新ラインも登場してますます元気なブランドです。
女性用のキャンペーンインセンティブの候補にどうぞ。
[PR]

ad:tech tokyo



二つ目はこれです。


今年で第二回目の開催でした。
昨年よりも、盛況だなあ、随分込んでるなあと思ったら、
なんと7000名の参加があったそうな。
多分、ビジターも入れての人数だとは思いますが。
(2日間パスで10万円しますので)
あの東京プリンスのB2Fにそんな人数が入ることに
びっくりしましたが。とにかく大盛況でした。


28日(木)・29日(金)の2日間開催されたのですが、
金曜日は午前・午後とも定例コンサルがあるので、
28日(木)のみ参加してきました。


午前中は2つのキーノートを見て、ランチのあと、
午後に6つのカンファレンスに参加。
http://www.adtech-tokyo.com/ja/conference/index.html


見たいのがダブっていて結構迷ったのですが、
私が参加したのは以下です。
できるだけ幅広く、情報収集したつもりですが、
こう書いてみると、偏ってますね。反省。
残念なのが、1つのカンファレンスが50分なんですよね。
私の感覚では1時間30分は欲しい内容ばかりでした。
(1)消費者を取り巻く環境変化に即したデジタル戦略・・
(2)ブランドエンゲージメントを実現するデジタルプラットフォーム・・
(3)ソーシャルメディアキャンペーンの効果測定
(4)Eコマースの未来像しすて新たなビジネス創出・・・
(5)日本におけるトリプルメディア・トリプルスクリーンの複合戦略
(6)統合型マーケティング開発におけるベストプラクティスとは



ひとつひとつの内容には言及しませんが、今回、
私が目にしたキーワードで思いつくものをあげてみます。

●スマートフォン関連の施策
●タブレットPCに関すること
●トリプルスクリーンのこと
●トリプルメディアだけでなくシェアードメディアも
●ソーシャルメディア関連
●コンテンツプラットフォーム
●上記を含めた統合型マーケティング


このキーノートやカンファレンスに参加している人は、
間違いなく、ほぼ全員がこの分野のトップランナーでしょう。
そのトップランナーならではの苦悩とかを短い時間ですが
すごく感じることができるイベントです。


ある人曰く、「世間では自分のために、壮大なお金をかけて
実験をしてくれているので、その良いところだけを盗もう」
まさに、このイベントに参加すると、この言葉の意味が
良くわかります。
自分の普段の仕事は決して最先端ではないですが。
ありがたく、勉強させてもらった一日でした。
[PR]

メデコミ会:マイクロソフト熊村さん



来年1月開始の案件の話が複数あり、
ちょっとバタバタしており、更新できず失礼しました。



今日は最近、参加したふたつのセミナーについて
感想を書きます。
まず、1日(月)に参加した、鶴野さん主催の
メディアコミュニケーション会(通称:メデコミ会)の定例会です。
鶴野さん:http://beanstar.net/
メデコミ会:http://www.kohoman.com/event/


何のきっかけでこれに参加したのかはすでに忘れましたが、
7年くらい前から参加しております。
私の感想としては、PR会社系の方が多いという印象です。


今回のゲストは、ソーシャルマーケティングの事業会社側では
最も有名と言っていいでしょう、マイクロソフトの熊村さんでした。
池田紀行さんのキズナのマーケティングにもインタビューが
記載されています。


米国はじめ全世界のマイクロソフトで、日々、成功・失敗例が
発生しているようで、現時点でのわかったこと、注意点などを
あげてくれました。
ustと中継されていたため、いつものメデコミ会からすると
控えめな発言だったような・・・。


その中でも印象に残ったのは、バズ型・WOM型よりも
アドボカシー型が評価されているのが日本の特徴ということ。
私もすっかり、ソーシャルメディアマーケティングは、
アドボカシー型こそ正解!と思っている口なので、意外でした。
米国などでは、バズ型・WOM型で良い結果が出ているとのこと。
詳細の内容はustで見れますので、確認してみてください。
http://www.kohoman.com/event/
[PR]

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧