ブログトップ

<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

電通さんの「マーケティング・クラウド」から考えること



そろそろ、忘年会の誘いをもらうようになりました。
12月にいくつか予定が入りました。
10月も終わろうとしていますから、今年もあと2ヶ月ですもんね。
早いものです。



さて、今月のメルマガにも書いたのですが、電通さんが
セールスフォースと組んでこんなことを始めました。

=======================
電通さんが10月8日、マーケティング・プロセス全体をサポートする
「マーケティング・クラウド」サービスを発表しました。

電通グループ各社が提供するITソリューションを活用した
統合マーケティング・サービスと、
株式会社セールスフォース・ドットコムが
日本で提供するクラウド・サービスを融合させたもの。
詳細は、リリース記事を載せておきます。
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2010/pdf/2010097-1008.pdf


表向きでわかることは、マーケティング全体のプロセス管理にも
電通さんが乗り出したことがわかります。
広告以外でも収益のネタが欲しいんだろうなと。
博報堂さんも、セールスフォースと組んで同様のことを
すでにはじめていますね。その対抗上の意味合いも
あるのかと勘ぐることもできます。


リテンションマーケティングを得意とする当社としては、
違う観点で関心を持っています。
それは、広告での活動と購買後・加入後の通常は
企業側が実施しているCRM活動についても、
このマーケティングクラウドでは、データを一元化しようと
しています。ここがおもしろいポイントだと思っています。


当社も前々から、リテンション・CRM関連のデータ活用の
行き着く先は、見込み客時代のデータであったり、
ソーシャルメディア(SNS、ブログ、ツイッターなど)での
個人を特定したデータとの融合であったりだと思っていました。


別の言い方をすると以下になります。
内部データの取得状況・活用状況は、相当進んでいます。
ただ、これだけでは、どうしても不十分なところがあるので、
ソーシャルメディア情報を内部データのように取得するのです。
ブログやTwitterIDなどを個々人の属性や購買データと
あわせればいいのです
そして、そこでの該当商品や同業他社での
発言などをチェックし、本音を得て、活かしていく形です。

=======================

これについて補足です。

(1)博報堂さんの「Production Cloud」機能を包含し、
 さらに充実したサービスを目指しているみたいです。
●博報堂さんのこのツールのひとつの機能として、
 広告データ(CMや新聞広告、
 雑誌広告などのこと)をすべてデータベースとして
 登録できるそうです。 
●これは、単なる一機能だったのですが、大手企業からは
 アーカイブ代わりになると好評だそうです。
 データ量に制限がないため、相当過去までさかのぼって
 登録されているそうです。
●電通さんのサービスはこういったものを包含しつつ、
 さらに大きなスケールになっていますね。
●博報堂さんの方だと、関係ある部署は、広告・宣伝部門が
 メインですが、電通さんの方はそれだけでなく、
 マーケティング部門、商品開発部門やIT部門なども
 巻き込むことになりますから。
●どこまで市場に受け入れられるのか、楽しみです。


(2)リテンション・CRM関連のデータ活用の行き着く先
●メルマガにはひとつの方向性を書きました。
  最新の事情にあわせたものです。
●ただ、かなり前から考えていたもうひとつの方向性が
 あるんだと思っています。
 守備マーケティング本にも書いたのですが、
 その一部を紹介します。

以前ですと、顧客データからわかるファクトデータと、リサーチ会社などを使って行うアンケートデータとは別に存在していました。
今でも大半の企業さんは、そうだと思います。
このアンケートデータ側を相当なパーセンテージに適用しはじめています。
近い将来、顧客数が数百万名・数千万名の企業でも、顧客全員のアンケートデータを取るところが表れるでしょう。それだけ、メディアも発達しておりますし、顧客側のITリテラシーもあがってきております。

そして、たどり着く先がこれです。
このように内部分析を進め、アンケートデータも全数獲得したとします。そのうえで、さらに、顧客一人ひとりと、企業側はあなたのために、どのようにすれば、顧客のままでいてくれるのか、ダイレクトにその内容を確認し、それを実行することです。
ちょっとわかりにくいので、イメージ例をあげます。

多チャンネル有料TVのケース
「Aさんは、サッカーとモータースポーツが大好き。特にヨーロッパサッカーとインディは録画して、欠かさず見ている。そのためのプログラムを契約してまもなく6年になろうとしている。
Aさんがこの会社に望むことは次である。
  ・好きなプログラムを安定的に提供できているうちは解約するつもりはない。
   この関連でプログラムが追加になったら、真っ先に知らせて欲しい。
   でも、反対に、このプログラムがなくなっても知らせて欲しい。そのときに考えたい。
  ・6年も継続しているので、長期契約優遇プログラムを作って欲しい。
  ・僕みたいな人たちの要望で年払い割引制度を作ったことは評価している。継続して欲しい。
・以上のようなことを守って、提供してくれているうちは解約するつもりはない。」
このコミットをAさんから取り、その要望にこたえていくことです。
そして、これを数百万名分でも数千万名分でも、やるんです。これが最終型だと思っております
[PR]

過去の当社メルマガ、アップしました


2009年3月より開始しました当社のメルマガ。
過去の分をアップしました。

カテゴリー「当社メルマガバックナンバー」を選んで
もらえば、読めるようになっています。


ほぼ当時のまま掲載しております。
[PR]

KTMメルマガ Vol 24 101015

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Vol.24━ 2010/10/15━
COMMUNICATION
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
▼本メールは、当社社員と名刺交換等をさせていただいた方々、資料請求を
いただいた方にお届けしています。配信の停止・変更をご希望の方は、下記
URLよりお手続きお願いいたします。
http://fofa.jp/ktmktg/c.p?02c2aQu2Z1
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

---INDEX---
【1】 ご挨拶
【2】 mARKETING  - マーケティングです。-
【3】 Book Room - 読書ノススメ -
【4】 TOPICS - 話の種 -


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【1】ご挨拶
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【2】 mARKETING  - マーケティングです。-
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
mARKETINGとは、当社社名にもございます”Marketing=マーケティング”のこと
です。(スペルミスではございません。)
mARKETINGでは、最新のマーケティング手法や成功事例、マーケティングに
関する情報、支障のない範囲で当社のマーケティング活動をご案内いたします。



◆電通さんのマーケティングクラウドで考えること

電通さんが10月8日、マーケティング・プロセス全体をサポートする
「マーケティング・クラウド」サービスを発表しました。

電通グループ各社が提供するITソリューションを活用した
統合マーケティング・サービスと、
株式会社セールスフォース・ドットコムが
日本で提供するクラウド・サービスを融合させたもの。


表向きでわかることは、マーケティング全体のプロセス管理にも
電通さんが乗り出したことがわかります。
広告以外でも収益のネタが欲しいんだろうなと。
博報堂さんも、セールスフォースと組んで同様のことを
すでにはじめていますね。その対抗上の意味合いも
あるのかと勘ぐることもできます。


リテンションマーケティングを得意とする当社としては、
違う観点で関心を持っています。
それは、広告での活動と購買後・加入後の通常は
企業側が実施しているCRM活動についても、
このマーケティングクラウドでは、データを一元化しようと
しています。ここがおもしろいポイントだと思っています。


当社も前々から、リテンション・CRM関連のデータ活用の
行き着く先は、見込み客時代のデータであったり、
ソーシャルメディア(SNS、ブログ、ツイッターなど)での
個人を特定したデータとの融合であったりだと思っていました。


別の言い方をすると以下になります。
内部データの取得状況・活用状況は、相当進んでいます。
ただ、これだけでは、どうしても不十分なところがあるので、
ソーシャルメディア情報を内部データのように取得するのです。
ブログやTwitterIDなどを個々人の属性や購買データと
あわせればいいのです
そして、そこでの該当商品や同業他社での
発言などをチェックし、本音を得て、活かしていく形です。


これがいち早く実現するかもしれませんね。
楽しみであります。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【3】Book Room - 読書ノススメ -
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
日々のアウトプットを補うために、日々のインプットを行いましょう。
Book Roomは、オススメの本をご紹介する”書庫”でございます。



◆神社が教えてくれた人生の一番大切なこと(和田 裕美著)

陽転思考などを書いている和田さんの新刊です。
ビジネス書の範疇ではないのかもしれません。
神社に行くことを進めている本ですが、宗教とは
一切関係がありません。
私も、伊勢神宮には毎年2回行くので、その気持ちは
共感できるところがあります。
全体的に自分の活力が足りないなとか、できたら
さらに運気を強めたいなと思っている方、
昨今のパワースポットブームにちょっと興味が
ある方などにお奨めの本です。



◆安売りしない会社はどこで努力しているのか?(村尾 隆介著)

小さな会社のブランド戦略で知られる、スターブランド社の
村尾さんの新刊です。
村尾さんは、当社がやっていることを「守備マーケティング」と
命名してくれた方でもあります。
この本は、最近の村尾さんの発言をまとめたという感じです。
中小企業が対象となっていますが、そのブランディング手法は
中堅企業以上でも十分に活用可能なヒントがたくさんあります。
実際には、年間100回以上セミナーをやっていますので
それに参加してもらうのが一番ですが、
まずは、この本からどうぞ。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【4】TOPICS - 話の種 -
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
TOPICSでは、
ご自身でのご利用はもちろんですが、例えば、「キャンペーン商品どうしよう?」
「新しいサービスの企画に何かいいものないかな」といった日常業務の中でも
ご活用 いただけるような話題のお店、商品などをご紹介してきいきます。



今回のふたつの話は、最近、身近で話題になったことです。
と同時に、当社にとっては、ほろ苦い思い出でもあります。


◆スキンフード 

韓国発の食べられるような素材を使った化粧品。
すでに韓国では300店以上展開していますので、
最近、韓国旅行をした方はご存知かと。
これが今年から日本に進出しています。
すでに7店だそうです。
さらに店舗拡大すると思います。
運営しているのはフードコスメ社になっていますが、
親会社は上場企業のアイケイさん。


昨年夏くらいに、ある企業さんのサポートで入ったのですが、
残念ながら負けました。



◆アメックスのレッドカード

U2好きの知人との会話でこの話になりました。
このニュースは2006年くらいのものです。
英国とはクレジットカードの収益構造が違うので
カード利用の1%をエイズ撲滅運動に寄付、
こういうことが実現できているのですが。

実は、このレッドカードを日本に導入しようという
動きが数年前にあり、そのプロジェクトに
当社もサポートさせてもらっておりました。
しかし、リーマンショックなど、環境の変化があり、
頓挫したままになっています。
スキンフードと同様、苦い思い出のひとつです。
今頃、これが話題に上るとは、ちょっと驚いたので
ここに書いてみました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
COMMUNICATIONは、KTマーケティング株式会社(以下当社)が発行するメール
マガジンです。COMMUNICATIONの著作権は当社に属し、当社の許可なく複製・
再配信等を行うことはできません。

Copyright(c) 2010 KT Marketing Co.,Ltd. All Rights Reserved.
http://fofa.jp/ktmktg/c.p?12c2aQu2Z1
communication@ktmktg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]

守備マーケティング本の原稿より



寒露のように、秋も深まったと言いたいところですが、
まだなんとなく暑いですよね。
東京は今日も25度あるそうです。



今日は、守備マーケティングの原稿から、です。
毎週末にシコシコと書いております。
こういう作業はいいですね。
いつも普通にやっていることなので、
見落としがちですが、本にするとなると、
あらたに体系化できたり、
成功の共通項に気がついたり、できますから。


その中で見つけた共通項、それを紹介します。
守備マーケティング導入フロー基本形、です。
図になっているのですが、ここではテキストで。


<導入のフロー>
以下の6つのフェーズに分けて行います。
(1)検討フェーズ
(2)リサーチによる判定
(3)第1回社内決裁
(4)準備フェーズ
(5)最終的な社内決裁
(6)ローンチ


<検討フェーズ>
フローのうち、最初の検討フェーズについては
詳細を記述していきます。
(1)戦略部分・制度設計
 1)目的・役割の明確化
 2)対象者選定・ターゲティング
 3)サービス内容の方向性決め
 4)プライシング
 5)採算性試算
(2)戦術部分・サービス設計
 1)サービス詳細検討
 2)クリエイティブ関連


<戦術部分・サービス設計フレーム>
検討フェーズのうち、戦術部分・サービス設計については
以下の3つのフレームを通します。
(1)サービス内容3段階検討
 サービス内容は、①本業、②本業に近いサービス、
 ③本業からはやや遠くライフスタイル全般に関するサービスの3つ。
 これらをどこまでやるのか、やるのであれば、
 どうバランスをつけるのか、まずはこれを取り決める。
(2)コンテンツカテゴリー決め
(3)サービス設計フレーム
 候補としてあげるサービス内容に抜け漏れ・ダブりが
 ないように、フレームを活用して候補をあげていく。


<さらに、上記のサービス設計フレームを説明すると・・>
①実利系サービス
 割引、優待、ポイント還元など実利があるもの。
②特別扱いされているサービス
 心理的なメリット。特別扱いされていると感じてもらえるもの。
③ついているとうれしい系サービス
 実利的でもなく心理的でもないけど、
 サービスとしてついているとうれしいサービスのこと。
 どこにも分類されないサービスはここ。
④コミュニケーション系サービス
 情報提供を受けたり、ガイドブックを
 もらったりできるサービスのこと。
⑤万が一トラブルが発生したときのサービス
 保険商品に代表されるような万が一のことがあったときに
 付いていると安心できるもの。
⑥キャンペーン関連
 サービスのにぎやかしとして定期的なキャンペーン関連は必要。


検討フェーズのうちのひとつ、しかもサービス設計、
コンテンツつくりのところだけ記述しました。
これだけ決めるのにも、いくつのものフレームを通して
行うことになります。
良いアイデアがでてきますし、ミスも少ないですし、
もれ・ダブりのチェックもできます。


優良顧客プログラム、クラブマーケティング、クラブ内クラブ
そしてプレミアセグメントを作るときに、
このフローは共通で利用できます。
[PR]

哀悼



この話は、ときどきある個人的なことですので、
仕事関連の話をご期待されている方は読み飛ばしてください。


先週末、全日空の「翼の王国」やJCBの「GOLD」などの
メディアレップをやっているマイク社の川崎さんが
亡くなったので、通夜に参列してきました。
64歳、まだまだ若いですね。6月に連絡したのが
最後になってしまいました。そのときは、いつもと
変わらず、お元気でした。なので一報をもらったときは
本当に驚きました。


付き合いは10年間くらいだったです。
事業会社勤務時代にブラックカードの会員誌を
立ち上げなければならず、その条件が厳しかったので
どのメディアレップを引き受けてくれなかったのですが
川崎さんのところだけ受けてくれました。
その後、自分が起業したあとも、変わらず接してくれた
数少ないひとりでした。
今でも同じように接してくれる人は4~5人しかおらず、
その心遣いにいつも感謝するばかりでした。


プロ並みのゴルフとオリンピック選手級の射撃、
おしゃれで粋なオヤジさんでした。
よく銀座と西麻布の行きつけの店に
連れて行ってもらいました。


私とちょうど20歳、歳が離れているのですが、
私が今、20歳代の人に川崎さんの立場と
同じように接することや同じように尊敬されることは
ないでしょう。反省しなければいけないです。
こういったことを引き継いでいかないと・・。


通夜で、祭壇から立ち去るときに、川崎さんの遺影を見ながら
「じゃあ、また」といつものように、飲んだ帰りのように、
自然とそんなあいさつをする自分がいました。
自分の父親の葬式のとき、親父の仕事仲間たちが
そうしてその場を立ち去ったように。
そのときの親父の仕事仲間たちの心境が痛いほど
わかった夜でもありました。合掌。
[PR]

定期的に足を運ぶセミナーについて



キンモクセイが目立つ2週間がやってきましたね。
このオフィスの近くにも、普段はまったくその存在に気がつきませんが、
たくさんのキンモクセイがあります。
窓をあけると、オフィスの中まで、その香りに包まれています。
暑かったので、今年はもっと遅いのかと思っていたら、
これはいつも通りでしたね。


GoolgleTVのスペックが発表になりましたね。
その他にも、Googleのアンドロイド携帯も
auからもドコモからも新機種が発表になりました。
TVの方のスペックやできることを見てみると、
買いたくなりますね。アンドロイドのスマホとの
連携も魅力的で、今のうちからアンドロイドの携帯、
買っとこうかなと思っているところです。
iphoneとipad、macを使い込んでいるわけではないですが、
これらでできることはある程度、実感できているので、
次は、このgoogle陣営を確認するときかなと。
新しモノ好きなんですよ。
なので、携帯、3キャリア持っていますが、au・ドコモの
どちらかをスマホにしようかなと。


さて、今日もセミナーの報告です。
ちなみに、ブログを読んでいる方から、
よくセミナー行きますねと言われました。
そうなんです、定期的に行くようにしています。
どのようなところに行っているかというと、こんな感じです。
詳細の説明は省きますが。
(1)マーケティング系
 ●宣伝会議社主催
 ●リード エグジビション ジャパン社主催(CRMEXPOなど)
 ●ファインドスター社主催
 ●メディコミ会(鶴野さん主催)
 ●BLTC
 ●その他、adtechやDM大賞など年1回定期開催しているセミナー
(2)マーケなんですが、システム寄り系
 ●SAS・SPSSの分析会社
 ●セールスフォース社
 ●CSKさんなどのSIベンダーのマーケ事例セミナー
(3)中小企業オヤジ系?
 ●日本経営教育研究所(石原明さん)
 ●角田事務所(がりゅうさん)
 ●スターブランド社(村尾さん)
 ●IC協会(岩松さん)
(4)文化系
 ●ギリークラブ(渡辺さん)
 ●オプンラボ(小林さん)

平均すると月に6本くらい行っています。
多少の出入りがあり、このペースに収れんされてきています。


さて、その中でも、5日(火)はセールスフォースさんのセミナーでした。
セールスフォースさんを使って、リテンションの
システム導入コンサルなども
やったことあるので、定期的に顔を出しています。

いくつかのセッションに参加したのですが、おもしろかった機能と
発表例をあげます。

(1)chatter
 ●個社のセールスフォース内に限定されているtwitterと思って
  もらえればよいです。今年の春から試験的にはじめているそうです。
 ●twitterは、外部の方も巻き込みますし、見ることもできますが、
  これは、企業内限定のつぶやきです。
 ●「あのクライアントさんはここを注意した方がよい」、
  「なかなか納得してくれないのでこう攻めた方がよい」など
  クライアントさんが見たらまずい会話もここでできます。
 ●孫さんの「青野くん、やろう!」を企業内限定でできるということです。
  平社員が社長に進言して、中抜きになるんですけど、今は、
  そのフラット感が大事ですから。
 ●他のツールと違うところは、そのクライアントに関するつぶやきの
  タイムラインがすべて、そのクライアントの顧客管理データ上に
  すべて蓄積されるということ。メールでの情報交換や
  企業内BBSとはここが違っていますね。


(2)博報堂さんのBtoB
 ●「Production Cloud」というサービス名です。
  http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20404869,00.htm
 ●セールスフォースを使ってこんなことを考えるのかと驚きました。
 ●採用社数も順調に拡大しているとのこと。
 ●メーカーと販売店の構図の事務局仕事などもやったことあるので、
  このニーズはとてもわかります。
[PR]

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧