ブログトップ

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

マニアトラップと上位層定義



このところ、仕事で錦糸町に行く機会があります。
そこでなにげなく、視界に入って来るものがあります。
そうです、東京スカイツリーです。すでに日本一の高さなんですよね。
押上駅あたりが真下ですが、一駅分離れている錦糸町駅周辺から
見る景色もまた良いものです。
先日、不動産関係者から、そのあたりのマンションの人気が
あがっていると聞きましたが、確かに実際に見てみると
その気持ちも少しわかる気がします。


さて、今日のネタです。
このブログでもおなじみのうれたまの佐藤義典さん。
http://www.mpara.com/mag.htm
唯一無二の存在のマーケターでもあります。
そのメルマガの中でたびたび登場するマニアトラップについて
それを題材に執筆中だそうです。その過程で佐藤さんと
マニア層、顧客の上位層に関し、数回、メールで
やりとりをしております。と同時に、本当に偶然なのですが、
あるクライアントさんからも上位層に関する質問がありました。


以下にあたりさわりのない範囲でその質疑応答を書きます。

質問1
 顧客組織のうち、上位層に対する会員割合および
 そのロジックに方程式はあるのか?
回答1
 いくつかのケースに集約されます。
 代表的なケースを以下にあげておきます。
  ①2:8の理論のような教科書通り
  ②データに基づき届きそうな数字で煽るパターン
  ③誰もが納得できる数字から決まるパターン
  ④ハード面から制約から決まるパターン
 
 なんとなく、どの業界のどの顧客組織を指して
 いるのかわかってもらえるかと。   
 そう、すべて、その数値には意図があるんですねえ。


質問2
 顧客組織のうち、上位層にかけるコストに方程式はあるのか?
回答2
 業種や収益構造により、差があります。
 金額で提示すると、1名あたり年間にかけるコストは、
 数百円から数万円までと幅が広いです。
 大半のケースの場合、ここでの費用にポイントなどの
 実利メリットは換算していません。

 私などは、リテンションコストのうち、上位と下位とは
 差をつけるようにと教えられたくちです。
 かなり極端な例ですが、10億円のコストがあれば、
 上位20%の顧客に全体予算の80%を、
 それ以外の80%に、全体予算の20%にしたこともあります。
[PR]

久しぶりの富裕層関連の前向きニュース


ようやく春らしい天気になってきましたね。
続けば良いのにと思っていたら、また明日から
寒くなるみたいですね。
まあ、スギ花粉だけは峠を越えたので、それだけでも
良かったと思っているところですが。


さて、今日のネタは、久しぶりの富裕層ビジネス関連です。
先週、HISさんから、こんなニュースがでました。
「HISの富裕層向けサービス開始」
どちらかというと、富裕層には縁遠かった企業さんが、
この分野に参入のお話。
ほんとうに富裕層ビジネス関連としては、久しぶりの
前向きなニュースだと思います。この直前は、
この分野の前向きなニュースがどんなことであったのかさえ
まったく思い出せないほどです。
続いて欲しいですね。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/04/15/039/?rt=na


このHISさんの記事の内容についてコメントすると。
富裕層向けに旅行関係のコンシェルジュサービスは
受け入れられるのか?ですが、
私は、そのレベル・内容によりますが、コンセプトとしては
十分にあり、だと思っています。
まわりの富裕層にもそのようなニーズがあることは
確認できていますし。


それにしても、このネーミング。「CLASS ONE」
「CLASS R 」「CLASS L」なんてのも手がけた覚えがあり、
この手の名前、プレミアム会員組織には多いですねえ。
[PR]

KTMメルマガ Vol 18 100415

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Vol.18━ 2010/4/15━
COMMUNICATION
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
▼本メールは、当社社員と名刺交換等をさせていただいた方々、資料請求を
いただいた方にお届けしています。配信の停止・変更をご希望の方は、下記
URLよりお手続きお願いいたします。
http://fofa.jp/ktmktg/c.p?02c2aQc369
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

---INDEX---
【1】 ご挨拶
【2】 mARKETING  - マーケティングです。-
【3】 Book Room - 読書ノススメ -
【4】 TOPICS - 話の種 -


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【1】ご挨拶
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【2】 mARKETING  - マーケティングです。-
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
mARKETINGとは、当社社名にもございます”Marketing=マーケティング”のこと
です。(スペルミスではございません。)
mARKETINGでは、最新のマーケティング手法や成功事例、マーケティングに
関する情報、支障のない範囲で当社のマーケティング活動をご案内いたします。



◆消費財メーカーのクラブマーケティング

ここでは広く消費財メーカーとして、あえて業種は書きませんが、
数百円の商品をコンビニやドラッグストア、GMSなどで
幅広く販売するメーカーと思ってください。
このようなメーカーにもクラブマーケティングというか、
本格的な会員制度を作る試みが散見されるようになってきました。
メーカーが直接、顧客管理し、コミュニケーションをとる。
ただ、ダイレクト販売は遠慮がちにし、購入場所のメインは、
今までと同様、流通にしています。
このような会員制度を作る目的は以下に集約されます。
 ●そもそも人口減少の時代、マーケットも縮小されるので、
   自社ファンとは直接つながっていたい。
   コミュニケーションを蜜にとったり、新商品開発も
   手伝ってもらえる。
 ●流通側に価格など販売の多くの決定権を握られている。
   直接顧客管理することで、流通側の来店誘導を狙った
   施策提案も可能となり、少しでも流通側との力関係を変えたい。

どのメーカーさんも、社内調整もままならず、このような試みは
ヨチヨチ歩きですが、確実にこの方向に向かっていくような気がします。
当社は、会員制度の立ち上げで協力しております。



◆スマートフォンとtwitterの活用例

この事例が多くなってきていますね。
最近、話題になった施策例として、以下をあげてみました。


(1)ロエベのクリスマスパーティの招待状
 スペインのファッションブランド「ロエベ」は、2009年12月11日から
 開催された招待制のクリスマスイベントで、ARを活用しました。
 セカイカメラでの展開は前々からやっていましたが、これは
 それとは違います。記事では読んだことはあったのですが、
 某印刷の知人に現物を見せてもらいました。
 なんの変哲もない通常の招待状からARが出るというものです。
 老舗ブランドもやりますねえ。


(2)ベネトン新宿店のオープニング
 ツイッターで「ベネトン新宿なう」とつぶやくと、フォロワーの
 人数にあわせ、1名1円で買い物額から相殺するというもの。
 1万名以上のフォロワーがいる方々が多く来店され、盛況に
 終わったとのこと。なにに関心したかというと、この施策に
 広告代理店がまったくかかわっていないこと。立つ瀬がないですなあ。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【3】Book Room - 読書ノススメ -
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
日々のアウトプットを補うために、日々のインプットを行いましょう。
Book Roomは、オススメの本をご紹介する”書庫”でございます。



◆元祖1枚企画書(竹島 愼一郎著)

著者は、『パワポで極める1枚企画書』『エクセルで極める
1枚企画書』ですでに有名だと思います。この本は、それらを
新書という形態に集約したイメージです。
普段からパワポのプレゼン、資料作成が多い方には必読。
ケースも多く載っていますので、読むというよりも、
構成につまったときなどにぺらぺらと見て、アイデアを
膨らませたり、まとめ方を確認するときなどに、使用するのが
適していると考えます。



◆iphone情報整理術 (堀 正岳 佐々木 正悟 著)

iphone関連の書籍を読みましたが、これが一番良かったです。
仕事で使用するメイン機能である、メール、カレンダー、
To Doリスト、アドレス帳など、自分にあった選択肢が
確実にわかります。
情報整理のところに関しては、当社のような弱小企業には
当てはまるところもありましたが、正直、大企業の方には
厳しいだろうなとも思いました。当たり前のことですが、
全部鵜呑みにするのではなく、自身にあった箇所を
取り入れれば良いと思います。
ハックシリーズ好きな方には特にお奨めです。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【4】TOPICS - 話の種 -
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
TOPICSでは、
ご自身でのご利用はもちろんですが、例えば、「キャンペーン商品どうしよう?」
「新しいサービスの企画に何かいいものないかな」といった日常業務の中でも
ご活用 いただけるような話題のお店、商品などをご紹介してきいきます。



グッドモーニングカフェ

当社のオフィスから徒歩1分のところに、
新たにカフェができました。なんと朝6時からやっております。
小石川の青いナポリなどで有名なバルニバービさんが
手がけた店です。
晴れた日は気持ちが良いテラス席も奥にあります。
お近くにこられた方はぜひ。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
COMMUNICATIONは、KTマーケティング株式会社(以下当社)が発行するメール
マガジンです。COMMUNICATIONの著作権は当社に属し、当社の許可なく複製・
再配信等を行うことはできません。

Copyright(c) 2010 KT Marketing Co.,Ltd. All Rights Reserved.
http://fofa.jp/ktmktg/c.p?32c2aQc369
communication@ktmktg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]

休暇分散化とスマートフォン


寒暖の差がはげしいですね。
みなさまも体調管理にはご留意ください。


新年度がはじまりましたね。
4月はいつも、新たなプロジェクトがスタートし、
フワフワとした状態ながらも、ワクワクもするという感じを
今年も味わっています。
まだ、複数のプロジェクトの進め方やゴール感などが定まらず・・・。


今日のネタは、休暇分散化とスマートフォンについて、にします。
最近、土屋が関心を持った事柄で、とくにこのふたつには
関連性はありません。


休暇分散化。
概要についてはご存知ですよね。GWと秋の大型連休を
地域によって、分散化して取得しよう。そのことで、
観光業界の活性化だけでなく、地方も潤うことを狙う試みです。
一部の学校で5月から試験的に開始されるそうです。
また、一部の市町村では大掛かりに夏以降に実施予定とのこと。
私は基本的には、この試みには賛成です。
GWの混雑にはうんざりしていますので。私のように、社会人の
スタートの事業会社が休暇は分散取得だったので、
すっかり、それに慣れています。この快適さの経験が、この試みに
賛成の一番の理由です。
本社と支社が休日が違うと困ると言ったり、単身赴任家族は
どうするなど、こういった試みに対し、突っ込みをいれる方々も
多いですが、ここは、なんでも良さそうなことは
やってみたらどうでしょうか?
閉塞感ある日本には、このようなことが必要だと思いますよ。
悪影響が強ければ、やめればいいんですから。



もうひとつは、スマートフォンについてです。
キャリア3社に商品が出揃って、本格的な
スマートフォン時代がやってきそうですね。
個人的には、便利になることは大歓迎です。
どのような活用方法になるのか、方向性はどうなるのか、
楽しみですよね。特にアプリ開発において。
私個人にあてはめてみると、このスマートフォンの活用により
いらなくなる・利用価値が下がるのが持ち歩き用の
ノートパソコン・ネットブックですね。


自宅とオフィスとクライアントさんの会社がそれぞれ
30分以内で、今は地方出張がほとんどありません。
そうなると、その移動中にスマートフォンで確認し、
本格的な作業はオフィス戻ってからできます。
ノートパソコンを利用する機会がめっきり減りましたね。
ipadももうすぐ発売されますし、また、どのように
気持ちが変化するのか、そのあたりを楽しみたいです。
[PR]

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧