ブログトップ

<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

鶴岡秀子さんのセミナー



5月危機と騒がれておりますが、決算発表ではサプライズもなく、
米国もこれ以上の悪い要素はないのか、
なんとなくこのまま無事、6月に入れそうですね。
政府の緊急対策が一定の効果をあげているのかと。
これと似たような話ではないですが、2012年の
アセンションのことも良く耳にしたり、目にするように
なってきました。個人的には、AMEROの方が衝撃的ですが。
不況のときはこんな話がおきやすいのでしょうか。


さて、当社も支援しております、レジェンドホテル&トラストの
鶴岡さんのセミナーに行ってきました。そのことを書きます。
相変わらず、まめにセミナーなどには出席しております。


非常に元気な方なので、お会いするといつも元気になれる
自分がいます。ありがたいことです。

<伝説のホテルはこれ>
 http://legendhotels.jp/index.php


今回のセミナーで印象的な言葉は以下です。
前にも聞いたことありますし、著書で読んだこともあるのですが
毎回、別の気づきがあったりします。



■「天国体質」
鶴岡さんの同名の著書がありますが、これはその代表的な話。

天国体質の人は、こう考えます。
人生において、山と谷はみんなに同じく訪れる。
天国体質の人は、谷のときに、これはおもしろい話のネタになると思い、
地獄体質の人は、やっぱり思った通り人生はそうは
うまく行かないものと思う。
⇒ 起業後から今まで一度だけ谷だろうと思う状況に
   なったことがあります。
   2006年後半。アクイジション一辺倒からリテンションや
   クラブマーケに移行している期間です。
   確かにその後、この時期のことを話のネタにしていました。
   

では、そういう天国体質の人をカンタンに知ることができる質問。
会ったときに、聞きます。
あなたの人生、今まで、ラッキーでしたか?
それともアンラッキーでしたか?
もちろん、ラッキーと答える人と仕事をすべきだと。
⇒ 自分もいつもラッキーだったと答えます。
   本当にラッキーなんです。事業会社時代も良い上司にあたるし、
   仕事も営業・IT・マーケとさせてもらえているし。
   誰もが経験できない重いプロジェクト責任者として実績を
   積むことができたし。起業しても、さまざまなお仕事をいただけ、
   真のネットワークもできたし。本当に感謝です。


■セルフイメージの高い人
セルフイメージが高い人は以下です。身近にもいますでしょう。
与えられた課題や仕事に対し、
このレベルの仕上げでは自分らしくない、プライドが許さない。
自分がやるからには、自分しかできないことを加えたい。
⇒  こういう人と一緒に仕事がしたいですよね。
[PR]

公的機関のクラブ化


新型インフルエンザ、まさか、こんなかたちで拡大するとは
思いませんでしたね。
どこかですり抜けたんでしょうね。
まあ、そんな犯人探しをしているよりも、今後、
どう対応するのか、ですよね。まもなく他の都市でも
同じような事態になる確率高そうですから。
実体経済に影響があまりでないところで終焉して欲しいです。


さて、本題の前にもうひとつ。
詳細は書けないのですがある仕事の関係もあり、
そしてスポーツマネジメント講座のこともあり、
ちょうど良い機会なので、旅行+スタジアム見物を
精力的にこなしております。
4月は沖縄。5月は宮城と伊勢志摩。来月は広島です。
宮城はKスタ見物が印象的でした。野村監督専用シートにも
坐らせてもらいました。あとぼやきルームとか。
来月は、新設のマツダスタジアム、見に行きます。
あの津田プレートに触ることができるそうで、
泣きそうなくらい楽しみにしております。
海外ばかりに目が向きがちな私ですが、地方も良いですね。


さて、ここからが本題。
クラブマーケですが、意外なことに、公的機関の
クラブ化の話が進んでおります。当方もこのような業種、
まったく考えていなかったですね。
言うならばお役所ですので、手続きに時間がかかるとは
思いますが、自分自身も興味がある分野なので、
開始となれば、楽しみな案件になりそうです。
公的機関がBtoCで顧客を管理しているのは、やはり、
そう多くはないとのことでした。
[PR]

KTMメルマガ Vol 03 090518


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Vol.3━2009/05/18━━
COMMUNICATION
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
▼本メールは、当社社員と名刺交換等をさせていただいた方々、資料請求を
いただいた方にお届けしています。配信の停止・変更をご希望の方は、
communication@ktmktg.co.jpまでご連絡くださいますようお願いいたします。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

---INDEX---
【1】 ご挨拶
【2】 mARKETING  - マーケティングです。-
【3】 Book Room - 読書ノススメ -
【4】 TOPICS - 話の種 -


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【1】ご挨拶 - 予想外 -
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【2】 mARKETING  - マーケティングです。-
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
mARKETINGとは、当社社名にもございます”Marketing=マーケティング”のこと
です。(スペルミスではございません。)
基本的なことはもちろん押さえたうえで、こんな発想も必要な時代では?いう
遊び ゴコロで、普通とは逆に最初の1文字を小文字にしてみました。
mARKETINGでは、最新のマーケティング手法や成功事例、マーケティングに
関する情報、支障のない範囲で当社のマーケティング活動をご案内いたします。



◆「クラブマーケティング」のブックレット・プレゼント

当社が提供しておりますサービスメニューの1つ「クラブマーケティング」。
一言でいいますと既存顧客向けのマーケティング手法となりますが、
提供内容は多岐に渡ります。
今回、そのクラブマーケティングをご理解いただければと、導入事例を元に
物語風にストーリー化いたしました。全4話の予定で、今回は第1話と
なります。第1話では、売上の伸び悩みを抱えた外国時計メーカーの
日本総代理店の山本さんが主人公です。売上の伸び悩みを何とか解決
しようと手を打ちますが、効果が出ず、期待していた施策も流れてしまい、
困っていたこところに、「クラブマーケティング」という手法を提供する
マーケティング会社X社の真田が現れ・・・という内容です。物語風では
ありますが、こういうケースでこういうことをすれば効果がでるということを
ご理解いただけると思います。



◆楽天球団の年間チケット購入者だけができるシートオーナーズチャリティ

野球の年間シーズンチケットの枚数は70試合分もあります。(サッカーは
17試合から20試合くらい。)ですので、どんなに熱狂的なファンであっても
普通の会社員であれば、当然、使用できないチケットが出てきます。
その利用できないチケットが手元にある程度の量残ると、人間心理として
ムダなので、来年から都度チケットを買うようにしようと、年間チケットを
継続購入する率が下がります。
球団側としては、年間チケット割合を増やすことは、経営を安定させるなど
メリットが多いので、なんとしも継続購入して欲しいと考えています。
そこで、楽天球団が考え出したアイデアが秀逸なのでご紹介します。
使用していないチケットを後日、球団に送付すると翌月、そのチケットを
地元の障害者の方などを無料招待することになり、チャリティとなる仕組みです。
毎試合満員になるわけではないので、このように対応することが可能です。
招待された側は、もちろん喜んでもらえます。年間チケット購入者は、
このことでたとえ球場に行かなくても良いことをした気持ちになり
年間シーズンチケットの継続率が高まる・・。
いろんな業種でも応用できそうですよね。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【3】Book Room - 読書ノススメ -
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
日々のアウトプットを補うために、日々のインプットを行いましょう。
Book Roomは、オススメの本をご紹介する”書庫”でございます。



◆「実践マーケティング思考」 (佐藤 義典著)

マーケメルマガ売れたま!で有名な佐藤さんの著。最近、年2冊のペース
で発刊を続けています。当社代表の土屋とも懇意で、巻末の謝辞に土屋の
名前も登場します。
内容を一言でいうと、結果を出すためのアイデア出しの本。ただし、今まで
のその類の本は、論理思考のフレームワークを使ったものばかり。
この本は、それだけではなく、実情を踏まえながら、「論理思考」と
「イメージ発想」を融合させた思考法を紹介しています。私も実行して
みましたが、高度であり、自分のモノにするためには、訓練が必要です。
さらに、構成要素に分解するところ、動画イメージを動かすところはいろんな
意味の経験が必要だと思います。経験が浅い人には、良きコーチがいないと
実行できないと思います。
佐藤さんの著書の中でも中・上級者向けです。



◆「法則のトリセツ」 (水野俊哉著)

法則とは人生のルールに他ならず。
仕事、人間関係からお金まで、人生を成功に導く法則が紹介されてます。
法則の説明はもちろんですが、その中でビジネス書や名著からの引用、紹介もあり、
非常に中身の濃い1冊でした。(早速引用、紹介されてた本を数冊購入しました)
1回で全てが理解できたとは思えませんが、索引もついてますので、
思い出せないときは辞書的に活用したいと思います。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【4】TOPICS - 話の種 -
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
TOPICSでは、
ご自身でのご利用はもちろんですが、例えば、「キャンペーン商品どうしよう?」
「新しいサービスの企画に何かいいものないかな」といった日常業務の中でも
ご活用 いただけるような話題のお店、商品などをご紹介してきいきます。



◆Goods
FREITAG(フライターグ) http://www.freitag.ch/japan/

スイスに本拠をもつバッグメーカーです。その製品はヨーロッパ大陸を
走り回っていたトラックの幌などを素材として再利用して作られており、
そのため世界中探しても同じものが存在しない、そう、すべてが
“一点モノ”という、工業製品らしからぬ特徴をもっています。
なにせ実際に使われていたトラックの幌ですから、(よく洗浄されてから
再利用されているとはいえ)汚れや傷、つなぎ目などもあったりしますので、
知らない方が見ると「何だ、このキタナイバッグは」と思われたりするのですが、
これがひとたびハマってしまうと実にやっかいなのです。
何しろいつどこのショップにどんな(色、柄、質感・・・)製品が入荷するか、
ショップの人でも入荷してみるまでわかりませんので、欲しいと思うような
モノに出会えるかどうかは運(縁?)次第です。タカラ探しのようでもあり、
つまるところ非常に非現代的で不便なのですが、その分気に入ったモノと
出会えた、自分のものにできたときのヨロコビは他のショッピングでは
味わいがたいものがあります。
すると、例えばトートバックを求めてショップに行ったのに、メッセンジャー
バックで(あるいはお財布で)とても素敵なモノが入荷しているのを
見つけてしまうと、どうしても“この機会を逃すと・・・”という心理が働き、
悩みつつもついにはそれを買ってしまうという事態も起こります。
この場合、当初の目的であったトートバックに関してはまだ欲しい状態のまま
ですので、ショップにはまた(気に入るトートバックと出会うまで)
出向かなくてはなりません。
そこで他のブランドのトートバッグに目が向けばいいのですが、
不思議とそれらにはあまり魅力を感じなくなっている今の自分がいます。
他人からはさぞかし馬鹿げて見えるのであろう、そうした行動ですが、
ときに客観的にも眺めつつ、そこに含まれているエッセンスをマーケティング的に
どこかで応用できないものかなどと考えているのですが・・・。



◆Restaurant
 海菜寺 ~Unaji~  http://www.unaji.info/

湘南は鎌倉にあるレストランです。
鎌倉といいましても、江ノ電の稲村ヶ崎が最寄駅です。鎌倉でもなく、
江ノ島でもなく稲村ヶ崎というのが、なんともいえずこのお店にマッチしてます。
「海の見える和食ダイニング」というコピーですが、イメージされる海の見える
レストランとはだいぶ趣が異なると思います。
稲村ヶ崎の駅から5分くらい歩き、江ノ電の線路を渡り、お店の入り口が。
入り口をくぐり、階段を登るとお店に。お店に入り、さらに数段の階段を登ると、
湘南の海が目に飛び込んできます。店のつくりとその開放感には感動です。
その日に仕入れた地元の魚や鎌倉野菜を使った料理はいうまでもなく
とてもおいしいですが、風や太陽や海がさらに料理をひきたて、優雅で
ゆっくりとした時間が過ごせます。
これからの季節は、その開放感を存分に味わえるのではないでしょうか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
COMMUNICATIONは、KTマーケティング株式会社(以下当社)が発行するメール
マガジンです。COMMUNICATIONの著作権は当社に属し、当社の許可なく複製・
再配信等を行うことはできません。

Copyright(c) 2009 KT Marketing Co.,Ltd. All Rights Reserved.
http://www.ktmktg.co.jp/
communication@ktmktg.co.jp ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]

GWはインプットにあてました



今年のGWは、高速道路の大渋滞、新型インフルエンザなど、なにかと
話題の多い、記憶に残るGWでしたね。
終わったみたいに書きましたが、不況のこともあり、16連休や
12連休の方もいるとのこと。まだ続いているわけですね。


さて、私はどう過ごしたかというと、渋滞や混んでいるのが苦手なので
GWの後半5日間のうち、4日間、出社しておりました。
といいましても、インプットがメインでした。
(メールチェックくらいはしてましたが、仕事らしい仕事はせず。)


特に今回は、雑誌系を読み、整理しました。
本の方が小さく軽くて持ち運びしやすいので
移動中でも読めますが、雑誌は会社で読むしかなく、
どうしてもたまりがちになります。


拙著でもどんな雑誌を読んでいるのか書きましたが、
あれから2年経ってますので、最近読んでいる雑誌について
書きますね。全体的には減少傾向にあります。


<広義のマーケ>
以下です。このあたりに収斂していますね。
 ●継続して読んでいる雑誌
   販促会議、宣伝会議
 ●どうしようかと迷っている雑誌
   アイエムプレス、広報会議(旧PRIR)、ブレーン


<ビジネス的・経営的な雑誌>
 ●継続して読んでいる雑誌
  日経トップリーダー(旧日経ベンチャー)
  致知(ちちと読みます)
    これをご存知の方は相当、通ではないかと思います。
    私は知人の奨めで読んでおります。
  トップポイント
    雑誌に区分けしていいのか微妙ですが。
    経営者向けの10冊の本、サマライズされたものが
    送られてきます。
 ●その他ビジネス的な雑誌
  プレジデントなどは、おもしろそうなところだけつまんで
  読んでいます。この分野を読むことは減りました。


<仕事に役立てるための本>
 (1)遊び系
  まあ、流行を探ったり、コンテンツ開発のために
  役立てているものです。これも惰性という感じです。
  情報を得たいときは、専門誌や人づてになっています。
   GQ、東京カレンダー、BRIO、日経OFFなど。
 (2)フユーマガジン
  すっかり数が減りましたね。いつまで届くのかヒヤヒヤしております。
 (3)その他
  日経エコロジー
    環境系の知識を増やしておきたく・・。
  スポーツマネジメントレビュー
    ちょっと不定期ですけど。
  カード会員誌、不動産顧客用情報誌、クルマ系雑誌
    届いているだけという感じです。


全体的に、不必要なモノが多くなったかなという印象です。
理由は、webで入手できるものも多くなったり、情報鮮度の問題も
あると思います。
ぜひとも購読継続しようという雑誌が少なくなりましたね。
雑誌不況なのも、こんなところでうなずけたりします。
[PR]

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧