ブログトップ

カテゴリ:個人的なコト( 16 )

シンガポールにて


シンガポールに来ています。
マリーナベイサンズが、見えるホテルで
このブログを書いています。

クライアントさんが、シンガポール進出&会員制度発足の
パーティをここで開催するためです。
昨日、盛大に執り行われました。


海外志向がまったくない私ですが、この1年間でも
仕事の関係でやむなく、台湾、ニューヨーク、シンガポールと
来ています。
そもそも移動(飛行機や新幹線に乗るということです)が
あまり得意でないので、地方の顧客もとらないのに、です。


やはり、日本が一番との認識を新たにする機会でも
ありますが、この1年間で行ったところ、
日本と大きな違いがあります。
それは、勢いがあるというか、街が全体的に活気があり、
若い人が多く元気あふれているところです。


対照的に昼間の日本は、なんとなく停滞していて、
ホテルや百貨店のようなところは、
年寄り(若い人がいないという意味)が多く・・、
と感じてしまいます。


まあ、海外嫌いの私ですが、年に数回は、外の空気を
吸わなきゃなと、改めて思った次第です。


これから、現地での打合せに行ってきます。
[PR]

2012年の目標



もう1月の後半ですが、年初にたてた今年の目標、
ここに掲載しておきます。
まあ、例年と変わらない感じです。
今年から大殺界なので、「ケセラセラ」でもあります。
必ず今年も確実に実行しますよ。


<仕事に直接関係する目標>
●不義理にしてはいけない人リスト70名のうち、
 今年も25名くらいの方にがっつりと貢献する。
 (=実施案件として年間20案件くらいをこなす)
 ちなみに、不義理にしてはいけない人というのは、
 独立後8年間で、さまざまな案件を通して、土屋が
 貢献したいな・一緒に仕事をしたいなと
 思っている方々のこと。
 別の言い方をすると、この8年間で数億のフィーを当社に
 支払っていただいている方でもあります。
●同時に、その方々からのご依頼の新規提案についても
 月間4本、年間50本をこなす。
 富裕層マーケ、リテンションマーケの割合は5:5。
●不義理にしていはいけない人、月1名追加するよう心がける。
 年末までに合計82名が目標。
 これに、直接フィーをいただいたことはないが、
 案件をご紹介いただいたり、有益な情報交換先になる方が
 50名います。これを合計すると132名。
 これが土屋の主たるネットワークです。
 そのような方々とのFBつながり率、60%を目指す。
 (現在50%)
●これらの結果として、収益目標●●●●万円がある。
 これはあくまでも結果。前述の目標をクリアすれば
 必然と達成できる。


<仕事に間接的に関係する目標=パーソナルブランディング>
間接的に関係することで、以下を実行します。
これだけでも結構、体力とられるんですよね。
●メルマガ年間12本発行
●ブログ月4本更新・年間48本
●ブランディングツール更新
 オーガニックロゴ作成、イヤーレポート作成など
●セミナー年間50本参加
 スキル向上、文化的な会への参加も含む
●セミナー講師年間6本
 昨年と同じくらいの本数はこなしたいなと
●人と会って食事をしながらのインプット年間100回
 月よって増減はあるもののトータルでは達成できている
●本を読む年間60冊
 乱読よりも得たものを実施することにさらにシフト


<よりパーソナルブランディングなこと>
心技体を維持したり、社会貢献活動も重要なことですから。
●社会貢献活動(里山保全、イクメン活動など)
●健康クレド(人間ドック、歯のクリーニング、体重キープなど)
●神社参拝年間20回(伊勢神宮・氷川神社・玉川神社など)



ちなみに、昨年、実施できなかったこと。
●ソーシャルCRMの本を書くこと。
  定義とかはすでに書いてあるのですが、
  なかなか披露するような成功例ができないんですよね。
●体重が予定よりも増加。
  忙しくなり、ジムの予定枠に仕事がどんどん入ってきて・・・。


今年は、目標未達がないように、やりますよ。
[PR]

上下世代との橋渡しのための飲み会


今回も震災前に書いた内容です。
アップするタイミングをはかっていましたが、
今月もこのような飲み会を着実に実行しているので
あげておきます。


======================
仕事とは関係のない話ですが、
40代としてやっておきたかったことを書いています。
タイトルにあるとおり、上下世代の橋渡しを
自分のできる範囲で、することです。



先般、広告代理店・マーケティング会社勤務の
やる気のある20代女子2名と飲む機会がありました。
この女子との関係ですが、
あるクライアントさんのプロジェクトを1年以上に
わたって一緒に実行したメンバーです。
リテンションに関するプロジェクトでした。
そのときは、そのクライアントさんに対応するため、
事前の打合せも含め、少なくとも週2回は、
長時間にわたり顔をあわせておりましたので、
ちょっとした若き戦友という感じです。


2004年に起業してから、めっきりと20代の人との
接点が減りました。というのも、当社のメンバーは
みんな30歳以上ですし、当社のクライアントさんで
サポートする方々も30歳以上が多いです。
コンサルフィーだけで数千万円(全体では億~数十億円)の
プロジェクトをサポートする機会が多いので、
さすがにクライアントさん側もその中心メンバーは
30歳代~40歳代となるためです。
事業会社時代は、新入社員も含め、
部下には多く20歳代がいましたけどね。


さて、前段から長くなりましたが、昨年、私より
20歳上の方が亡くなりました。事業会社時代から
起業後もたいへん良くしてもらったおやっさんでした。
彼の馴染みの銀座や西麻布の店にも良く連れてって
もらいましたし、いろいろ教えてもらいました。
このブログでも、「哀悼」というタイトルで書きました。
そのときに、思ったことは、彼と同じコトを自分は
できていないのではないかなと。
10歳~20歳くらいはなれた人に、
なんの見返りも期待しないで、定期的にアドバイスし、
メシを奢る、自分の知っている店に連れて行く・・。
僕が彼から個人的に受けた飲食代は、数えたことはありませんが、
数百万円レベルに達しているでしょう。


僕は昭和41年生まれ、平成元年に社会人になっています。
すでに平成の世の方が長く生きているものの、
昭和の人であり、経済成長時代の50歳・60歳代の方々と
まだ、つながっている世代でもあります。
未だに、自分が若かったころの上司と飲む機会が
あります。そういう40歳代も多いと思います。


でも、昨今の状況を見ていると、この40歳代位の人が
20歳代~30歳代前半との世代間のつながりを
絶ってしまっているように思います。
上の世代からしてもらったことを、下の世代に
していますか?定期的に飲みに誘ってますか?
ということです。
できない理由をあげることはカンタンですし、
時代のせいにすることもできるでしょう。


でも、それは良くないなと。せめて、自分だけでも、
自分が受けてきたことを下の世代にしてあげないと。
と思って、冒頭の飲み会がありました。
まあ、単にかわいい女子と飲んだことを正当化したい
だけだろうとのつっこみもあるようですが・・・ハハっ。
今回は女性のことを書きましたが、
若い男性も応援してますよ。
[PR]

東日本大地震


今日は、この話題以外は書けないですよね。


金曜日、自分の身の安全が担保でき、帰宅してからは、
今日の朝までニュースに釘付けでした。
もう、言葉にできないというか、ならないというか、
涙なくしては見れない状況でした。


お亡くなりになった方にはお悔やみ申上げます。
そして、ひとりでも多くの方が救命されることを祈ります。


以下は僕の個人的な話です。ビジネス上の話ではありませんので、
その点を期待されている方は読み飛ばしてください。


僕の母親は、今は池袋に住んでいますが、
もともとは宮城県石巻市雄勝町の出身で、今でも
母さんの実家はそこにあります。
母さんは5人兄弟ですが、福島県会津若松に住んでいる
妹と母さんしか、今はおりません。
三女の母さんが76歳ですので、当然のごとくみな病気などで
すでに亡くなっています。


だいかわりはしているものの、母さんにとっての姪・甥、
僕にとってのいとこ5人は、雄勝町にふたり、
石巻の中心地にひとり、女川町にひとり、
仙台市にひとりいます。
残念ながら、その5人の誰とも、連絡がとれていません。
母さんと叔母さん(かあさんの妹)と僕とで連絡を
とっているのですが。


仙台市のいとこも河口の堤防のそばに住んでいるので、
安全とは言えないでしょう。心配です。
石巻の中心地に住んでいるいとこの家の位置を知っていますが、
ニュースで見る限り、流されています。その前に避難していることを
祈るばかりです。
どうでもいい話ですが、このいとこは、母さんの姉さんの子どもで
僕の2歳上、外見は僕と瓜二つなんです。


雄勝町は、明治の三陸地震でほぼ壊滅した町です。
津波が町の32メートルの高さまで来たそうです。
そんな状況の町で、伝わっていることがあります。
僕も母さんから伝え聞いています。


その地震のときに、町の半分が津波に飲まれ、
町の半分の人が亡くなったそうです。
だから、雄勝の人は地震が起こると、なにをおいても、
山を全力でかけ登っていくと。
壊滅していることはニュースなどでは間違いないようなので、
あとは、その言い伝えを実践して、ひとりでも多く
助かったことを願うばかりです。


でも、この関係で母さんと話をしていて、
いやなことを思いだしました。
子どもながらに強く印象に残っているんです。
だってその海で、子どものころ、夏休み期間
泳ぎを覚え、あわびやうにをたくさん採っていたので。
それは、
「結局、明治の三陸地震のとき、雄勝町で亡くなった人の
 半分は、結局、遺体がでてこなかったのよ。
 海の底に泥と瓦礫とともに、今も沈んでいるはずよ。
 その人たちがこの町を海から守ってくれているんだよ」
この言葉です。
石巻市、女川町、南三陸町などで不明になっている方が、
山の中に避難していて、ひょっこり出てきて、
この事実が覆ることを祈るばかりです。


復興しよう、東北。
母さんを見ていてわかるけど、
あなたたちの底力は私もわかっているつもりです。
そして、頑張ろう日本!
自分が支援できることはできるだけするつもりです。
ボランティアの受け付け開始したら、すぐに
今回の被災地のどこかにいくつもりです。
[PR]

2010年のインプットの振り返り



今、断捨離にはまっています。
流行りは積極的に取り入れるたちなんです。
年末から10日過ぎまで、だらだらとですが、確実にやりました。
50リットルのゴミ袋で、30袋以上は出していると思います。
それにプラス大量の粗大ゴミ。
だいぶ家がすっきりしました。
もともと引越が好きなので(この5年間で3箇所目)、
荷物はその都度、かなり捨てているつもりでしたが、
それでもまだまだでしたね。


もうひとつ、私事ですが、先週末に恒例の
人間ドックに行ってきました。
11月~年始までの不摂生で、やはり再検査でした(泣)
毎週ジムには行ってますし、3週間に一度は、整体と
リンパマッサージに通って、体のケアはしているのですが・・。
この2年くらいは、血糖だけなんですよね、数値が悪いのは。
あとは極めて健康です。
まあ、今月・来月と、この2ヶ月くらいは節制して、再検査してきます。


さて、今日の本題。
2010年の私のインプットを振り返ってみましょう。


<目標>
●人と会って食事しながら刺激などをもらうインプット
   毎月8名×12ヶ月=96回
●本を読むこと
   毎月8冊×12ヶ月=96冊
●主に有料セミナーに出席して知識をインプット
   年初には回数については、特に目標を立てず


<結果>
●人と会って食事しながら刺激などをもらうインプット
   年間72回
   ⇒ 8月から執筆に集中したため回数を抑えたことと、
     セミナー出席を強化したためです。
●本を読むこと
   104冊
   ⇒ こちらは目標達成。ipadなどのデバイス系、
     ソーシャルメディア系が多かったのが今年の特徴。
     時代がそうなっているのか、私の興味がそうなっているのか
     ガツガツなマーケティングの本というよりもサステナブル、
     リテンションなどの内容に共感がもてました。
●主に有料セミナーに出席して知識をインプット
   合計47回
   ⇒ 毎月定例出席がいくつかあったり、ブランディング系で
      集中的に通ったのもあったので。



毎年言っておりますが、回数や冊数などの量ではなく、
内容が重要なのです。
ただ、内容を充実させるには、ある程度の量をこなさねばならず、
というのも真理ですね。
それを踏まえ、2011年の注意ポイントは以下にしました。
●人と会って食事しながら刺激などをもらうインプット
  ⇒ 大手広告代理店の方が少ないんですよ。みなさん忙しく、
     なかなか気軽に行けないんです。
     そのあたりを増やしたいです。
●本を読むこと
  ⇒ 多読も8年目に突入。これはある程度要領が
     つかめてきています。今年も同じような感じで継続。
●主に有料セミナーに出席して知識をインプット
  ⇒ 昨年、いろんな会に出席してこなれてきました。
     でも、今年も引き続き50回参加を目標にします。
[PR]

今年もありがとうございました




クリスマスも終わり、28日が仕事納めの
ところが多いのではないでしょうか。
当社も28日の予定でしたが、29日に
緊急提出モノが発生したので、
今年は29日まで営業します。
年初は5日からです。


年末ですし、今年の総括をしてみます。
今年を一言で表すと「安定」という言葉がぴったりです。
それは、以下のような状態を1年間通じて、
実践できたからです。


①体力の1/3で複数の半年間または年間コンサル契約先のために
    時間を確保
  ⇒ 打合せや資料作成など、お困りごと解決や立ち上げに
     注力しました。


②体力の1/3で単発依頼の仕事および新規提案ができたこと
  ⇒ 単発のご依頼(請求が発生した仕事)が年間18本。
  ⇒ 新規提案(提案書+見積もり提出先)が年間51本。
     目標が月間4本ですので、目標達成。
     (ピーク時は年間200本以上提案していましたが、
      今年は、質をあげるのと仕事を選定しました)


③体力の1/3でインプットやアウトプットの時間を確保
  ⇒ インプットは、月間8回以上社外の人と食事をすることや
     年間100冊以上の本を読むこと、各種セミナーに
     50本以上参加することを言います。これが実現できました。
  ⇒ 直接的な仕事以外のアウトプットはメルマガやこのブログ、
     そして「守備マーケティング入門」という新刊を書いたことです。


このような時間配分で、1年間通じて実施できました。
今までも1年間のうち、3ヶ月間はできたりしてたのですが、
どうしても引き合い案件に一生懸命になってしまったりだとか、
徹夜作業してインプットがおろそかになったりだとかしたのですが、
今年は、このペースが狂うことはなかったです。
それでもって、お蔭様で収益目標はクリアできていますし。
前々から書いているとおり、土日はあまり意識しないでやっている結果です。
さすがにこれで、サラリーマン並みに土日は一切、
上記のことをやっていないとは言っておりません。


来年もこのペースを守れるように、まずは、①であげた
大型契約先の新たな確保、既存先さんを更新することですね。
この1ヶ月以内にいろいろ決まってくると思います。


②は、リテンションマーケと富裕層マーケに強い、
土屋の個人ブランディングを高めていくことだと思います。
それは、どこかのタイミングで詳細を公開しますが、
着々と実行しております。


今年1年間、たいへんお世話になりました。
来年も引き続き、よろしくお願いします。
みなさま、良い年をお迎えください。
[PR]

哀悼



この話は、ときどきある個人的なことですので、
仕事関連の話をご期待されている方は読み飛ばしてください。


先週末、全日空の「翼の王国」やJCBの「GOLD」などの
メディアレップをやっているマイク社の川崎さんが
亡くなったので、通夜に参列してきました。
64歳、まだまだ若いですね。6月に連絡したのが
最後になってしまいました。そのときは、いつもと
変わらず、お元気でした。なので一報をもらったときは
本当に驚きました。


付き合いは10年間くらいだったです。
事業会社勤務時代にブラックカードの会員誌を
立ち上げなければならず、その条件が厳しかったので
どのメディアレップを引き受けてくれなかったのですが
川崎さんのところだけ受けてくれました。
その後、自分が起業したあとも、変わらず接してくれた
数少ないひとりでした。
今でも同じように接してくれる人は4~5人しかおらず、
その心遣いにいつも感謝するばかりでした。


プロ並みのゴルフとオリンピック選手級の射撃、
おしゃれで粋なオヤジさんでした。
よく銀座と西麻布の行きつけの店に
連れて行ってもらいました。


私とちょうど20歳、歳が離れているのですが、
私が今、20歳代の人に川崎さんの立場と
同じように接することや同じように尊敬されることは
ないでしょう。反省しなければいけないです。
こういったことを引き継いでいかないと・・。


通夜で、祭壇から立ち去るときに、川崎さんの遺影を見ながら
「じゃあ、また」といつものように、飲んだ帰りのように、
自然とそんなあいさつをする自分がいました。
自分の父親の葬式のとき、親父の仕事仲間たちが
そうしてその場を立ち去ったように。
そのときの親父の仕事仲間たちの心境が痛いほど
わかった夜でもありました。合掌。
[PR]

定期的に足を運ぶセミナーについて



キンモクセイが目立つ2週間がやってきましたね。
このオフィスの近くにも、普段はまったくその存在に気がつきませんが、
たくさんのキンモクセイがあります。
窓をあけると、オフィスの中まで、その香りに包まれています。
暑かったので、今年はもっと遅いのかと思っていたら、
これはいつも通りでしたね。


GoolgleTVのスペックが発表になりましたね。
その他にも、Googleのアンドロイド携帯も
auからもドコモからも新機種が発表になりました。
TVの方のスペックやできることを見てみると、
買いたくなりますね。アンドロイドのスマホとの
連携も魅力的で、今のうちからアンドロイドの携帯、
買っとこうかなと思っているところです。
iphoneとipad、macを使い込んでいるわけではないですが、
これらでできることはある程度、実感できているので、
次は、このgoogle陣営を確認するときかなと。
新しモノ好きなんですよ。
なので、携帯、3キャリア持っていますが、au・ドコモの
どちらかをスマホにしようかなと。


さて、今日もセミナーの報告です。
ちなみに、ブログを読んでいる方から、
よくセミナー行きますねと言われました。
そうなんです、定期的に行くようにしています。
どのようなところに行っているかというと、こんな感じです。
詳細の説明は省きますが。
(1)マーケティング系
 ●宣伝会議社主催
 ●リード エグジビション ジャパン社主催(CRMEXPOなど)
 ●ファインドスター社主催
 ●メディコミ会(鶴野さん主催)
 ●BLTC
 ●その他、adtechやDM大賞など年1回定期開催しているセミナー
(2)マーケなんですが、システム寄り系
 ●SAS・SPSSの分析会社
 ●セールスフォース社
 ●CSKさんなどのSIベンダーのマーケ事例セミナー
(3)中小企業オヤジ系?
 ●日本経営教育研究所(石原明さん)
 ●角田事務所(がりゅうさん)
 ●スターブランド社(村尾さん)
 ●IC協会(岩松さん)
(4)文化系
 ●ギリークラブ(渡辺さん)
 ●オプンラボ(小林さん)

平均すると月に6本くらい行っています。
多少の出入りがあり、このペースに収れんされてきています。


さて、その中でも、5日(火)はセールスフォースさんのセミナーでした。
セールスフォースさんを使って、リテンションの
システム導入コンサルなども
やったことあるので、定期的に顔を出しています。

いくつかのセッションに参加したのですが、おもしろかった機能と
発表例をあげます。

(1)chatter
 ●個社のセールスフォース内に限定されているtwitterと思って
  もらえればよいです。今年の春から試験的にはじめているそうです。
 ●twitterは、外部の方も巻き込みますし、見ることもできますが、
  これは、企業内限定のつぶやきです。
 ●「あのクライアントさんはここを注意した方がよい」、
  「なかなか納得してくれないのでこう攻めた方がよい」など
  クライアントさんが見たらまずい会話もここでできます。
 ●孫さんの「青野くん、やろう!」を企業内限定でできるということです。
  平社員が社長に進言して、中抜きになるんですけど、今は、
  そのフラット感が大事ですから。
 ●他のツールと違うところは、そのクライアントに関するつぶやきの
  タイムラインがすべて、そのクライアントの顧客管理データ上に
  すべて蓄積されるということ。メールでの情報交換や
  企業内BBSとはここが違っていますね。


(2)博報堂さんのBtoB
 ●「Production Cloud」というサービス名です。
  http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20404869,00.htm
 ●セールスフォースを使ってこんなことを考えるのかと驚きました。
 ●採用社数も順調に拡大しているとのこと。
 ●メーカーと販売店の構図の事務局仕事などもやったことあるので、
  このニーズはとてもわかります。
[PR]

一休.comさんのトラブルシューティング



事業仕分けの後半が24日からスタート。
最近よくテレビに映るので、またまた知り合いを
見つけてしまいました。
終了後、いろいろ話が聞けそうです。
(ここでは書けないと思いますが。)



さて、表題にもあるとおり、先週、自分に起こった
ちょっとしたトラブルのことから、マーケティングサイドとしての
トラブルシューティングのあり方を書いてみます。


<起こった事象>
 ●一休.comのマイページ機能には、自分独自のイベント
  (誕生日など)やお気に入りの宿を登録できる機能があります。
 ●自分の誕生日を登録してあって、12月2日ですので、
   もうすぐそれがやってきます。
 ●11月20日(金)午前中に、最初のリマインダーメールが来ました。
   なぜ、11月20日なのかは不明。11日前と中途半端です。
   前々週の金曜日などと決まっているのでしょうか。
 ●このリマインダーメールですが、この1通だけであれば、
   そう、何も問題はないのです。ところが、1時間置きに、
   どんどん到着します。(外からケータイでチェックしていました)
 ●おかしいなと思いながらも、午前中から打合せや
   レビューの連続で、外出中のため、何も行動できず、でした。
   ミスに気がついて、すぐにストップし、おわびメールが
   来るだろうと思っていました。


<自分のとった行動と一休.comさんの対応>
 ●夜20時ごろようやく会社に戻り、メールのチェックをしたところ、
   その段階ですでに、合計9通の誕生日の
   リマインダーメールが来ていました。
   まだ、とまっていなかったのです。
 ●このままメールを送信され続け、これ以上、不愉快な思いを
   するのもいやだったので、メール返信すると、案の定、
   「このメールでは、お問合せは受けられません」の返事。
 ●次に、サイトから問合せ先を探しました。電話での問合せ先が
   ないのは知っていましたが、Webでの窓口はあるだとうと。
   ところが、全然見つかりません。10分くらい探して(何度も
   くじけそうになりましたが)ようやく、深い深いところで
   窓口を見つけて、今日起こった事実を伝え、
   すぐにストップするように伝えました。
 ●結果として、1時間後の21時からのメールはストップ。
   (このメールではじめて気がついたってこと?)
 ●翌日のお昼ごろに、さらっとメールがきて、
   はい、おしまいでした。


<このことに関する自分の意見>
 ●一休.com、じゃらん、楽天トラベルと、予約サイトは用途に応じて、
   常日頃から利用させてもらっております。
 ●一休.comのMYページ機能は良い機能です。有効に活用しています。
   マーケサイドから見ても、ロイヤルティアップや有効な
   コミュニケーション手法として評価できます。
 ●今回のことで、気に入らなかった点が3つあります。
   ①なぜ9時間も気がつかないで垂れ流しメールを送る?
     システムのバグなんでしょうが、該当者も多く、
     ワーニングはいろんなところから入っていたはず。
     なぜ、それに気がつかないのか。訂正メールというのは
     たまにありますが、すぐに来るものですよね。感度が鈍すぎ。
   ②問合せ窓口をなぜ隠している?
     そこに体力をかけたくない方針なんでしょうが、
     それでもあまりにもわかりにくすぎ。
     ワーニングが入っていないとしたら、ここにも問題があると思う。
   ③さらっとメールでなぜ片付ける?
     担当者から、単純なミスでしたと言われても。
     ロイヤルティビジネス、会員制ビジネスの
     基本や怖さをわかってないです。
  ●いやあ、おそまつな対応でしたね。
    サイレントカスタマーは、こうやって作りだされるんだろうなの
    典型例でした。これだけ予約サイトがあるのに。
  ●こうなったときは、自分も気をつけようと
    再認識した出来事でした。
[PR]

桜満開とスポーツマネジメント



東京の桜、満開ですね。今年は満開の期間が長いですよね。
オフィス近くの東京体育館や国立競技場のまわりにある
桜も満開です。絶好のお花見日和ですね。
場所取りしている人もいます。


さて、以前、スポーツ・マーケティングを仕事にする目標が
あると書きました。
その関連のネットワークを作るべく動いたりしていました。
まだまだ試行段階ですが。動いてみると日本S協会に
地元の同級生がいたり、J2のあるチームに知人が就職していたりと
思ってもいないところに縁があることもわかりました。


その動きの一環として、スポーツマネジメントの講座に
通うことにしました。知人に奨められたこともありますが、
勉強してみたい気もすごくあったので。
これです。
http://www.sports-soken.com/download/pdf/TamaSMS-info-2009.pdf


今週月曜日、その第1回講座がありました。
大学のサテライトキャンパス内の講座なので、
なにもかもが新鮮でした。
第1回目に出席するまでに、課題図書4冊+レポートと、
かなり学生な感じです。


これでスポーツマーケティングができるとは思っていませんが
行動しないとなにも始まらないのですしね。
公表してよい範囲で逐次、報告します。
[PR]

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧