ブログトップ

高級通販に新規参入


さて、飲食分野では地位を築いた会社さんが
高級通販に新規参入したいとのこと。
オーナーの強い思い入れみたいですね。
高級オルゴールとか、高級化粧品の
独占販売権を手に入れ・・・、よくある話です。


コンサルを開始する前に基本的なところも
ないので、以下のことをお知らせしてあります。
通販コンサルタントで有名な白川博司さんの
教えから抜粋してみました。
これに高級通販、富裕層向け販売の味付けを
当社はするわけですが、基礎というか、
共通言語・共通思考がないと、うまく進みませんので。


<商品開発 通信販売に適した商品–7つの要素>
(1)65~70%の粗利が取れること
 ●売価をコントロールしてでも粗利を確保
 ●メーカーであれば、自社の既存商品に小さな加工を
   施して通販専用商品に
 ●自社商品にこだわらず、他社からOEMで商品供給を
   受けるという考え方も

(2)リピート性・継続性があること
 ●通信販売の利益はリピートから得られる
 ●リピート性・継続性のある商品=飲食料品や消耗品など
 ●リピート性・継続性がない商材の場合、
   意図して繰り返し需要を組み込んでやる必要がある
 ●商品バリエーションの拡充、シリーズ化、消耗品販売、
   期間継続契約、頒布会形式・・・

(3)パッケージ化されていること

(4)生活密着品であること
 ●もともと身近にあるような商品に、“健康”や“高品質”
   といった付加価値を付ける

(5)全国的に名前が通っている商品や、
   そうした材料を使った商品であること

(6)年齢・性別を問わない商品であること

(7)アフターケア等の必要がない(手離れの良い)
   商品であること


<アクイジション 通信販売における新規顧客獲得>
以下の媒体があり。
 ●新聞広告
 ●フリーペーパー、ポスティングマガジン
 ●同梱・同封チラシ
 ●ホームページ
 ●メールDM、
 ●メルマガ広告
 ●ラジオ広告
 ●タクシー広告
 
●立ち上げの段階では、それぞれの手法で
  小規模なテストを繰り返し、より高い効果が
  得られる方法を見つけてゆく
●複数の手法を上手に組み合わせることで、
  より効果を増すことが可能

⇒ ダイレクトメールはNGとうたってますが、
   通販好きな富裕層を確実に集めるには
   CPOがある程度高くなっても、DM活用は必須です。


3億円の投資で3万名の通販好きの富裕層を集めると
ほぼ通販事業は成功したことになります。


楽しそうです。
おいおい、顛末を書いていきますよ。
[PR]

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧